スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頤気神社(長野市西寺尾/長野市小島田町):前フリ

御子神踏査報告 その4

長野市には2つの頤気神社がある。いずれも式内「頤気神社」に比定される論社であり、また、三代実録記載「池生神」の候補でもある。
南側の頤気神社は、旧松代町の西外れ(以後「西寺尾頤気神社」と呼ぶ)、北側の頤気神社は、かの川中島古戦場にほとんど隣接して鎮座する(以後「小島田頤気神社」)。
正確には、両社とも「気」は旧字が用いられており、小島田のほうは「頤」の字が微妙に違っている(へんに一本タテ線が多い)。また、「イキ」と読むか「イケ」と読むかはどちらをとってもいまひとつはっきりしないのだが、小島田のほうは「イキ」という字名があったようで、付近の交差点の表示にそれが残っている。
ロケーションとしては、いずれも千曲川の河畔と呼べる位置取りである。


より大きな地図で 南北イケ神社の位置関係 を表示

中断している池生神編の前編でも触れた通り、この二社は論社を争うにはあまりにも距離が近すぎる。しかも地図上で見る限り、鎮座地のロケーションもほとんど同種と考えられる。千曲川の右岸と左岸という違いはあるものの、蛇行地点を2社で挟み込むような位置取りは、むしろ最初からペアで祀ることを前提にしていたかのようにも見えるのだ。となれば、上下社、あるいは春社秋社という可能性もあるのではないか……という件にも、すでに触れた。いずれにしても、非常に気になる存在ではあったのだ。

池生神を扱う上で重要な神社であることに疑いはなく、また、せっかく(初めて)地図も引いてみたことだし、周辺の地勢についてもざっと説明しておこうかと思う。
以下は地図を参照しながら読んでいただければ幸いである。

まず、最大のランドマークが千曲川なのだが、これは国内最大級の大河である。秩父山塊を源流とし、佐久、上田地方を抜けて善光寺平へと至る。そこで、上高地を源流とする梓川もろとも、西側の渓谷を抜けてきた犀川を呑み込む。小島田頤気神社は、この大合流点の手前(上流)5キロばかりの至近距離に位置している。
水量豊かな滔々たる流れはそこからさらに北上していき、いくつもの川を吸収しながら新潟県に至る。そこで信濃川へとその名を変え、日本海へと注ぎ込む。
このラインは、遺跡や古信仰の分布を見る限り、古代シナノと日本海文化圏(出雲~越~そして……非ヤマト経由の渡来人も?)とを結ぶ幹線として、翡翠で知られる姫川ルートより遥かに重要だったのではないかと思える。何度か話に出た「あの」柳沢遺跡もこのエリア、新潟県との県境に近い千曲川河畔にある。

そんな信濃川水系全体を見渡したとき、頤気神社の鎮座する長野市周辺は中流域ということになるのだろうが、それでも河川敷は相当に広い。たとえば……東京都内における多摩川を比較対象とするなら、それに倍する規模をイメージしてもらってまったく問題ないだろう(それでもまだ足りないくらいだが)。
それだけの大河で、かつ山間で蛇行しているだけに、かなり古い時代から自然堤防が発達している点には注意が必要だ。というのは……基本的に川の周辺部は古代人の避ける洪水野なわけだが、このあたりでは、河川敷から遠からぬ場所に弥生~古墳時代の集住遺跡が多数確認できるのである。もちろんすべての場所がそうだというのではなく、氾濫原は氾濫原として広範に存在する。

東から南にかけての山地は、いくつもの尾根が低地から直接、恐竜の背のように立ち上がり、独特の風景を形成している。尾根と尾根の間には扇状地もあるにはあるのだが、それ以上に、まっ平らな洪積平野から唐突に尾根が立ち上がっているという印象のほうが強い。
そして、尾根と尾根に囲まれた「谷戸」ともいうべき懐状の場所に里が営まれている。
里の背後の尾根上には多くの古墳を見出すことができるのだが、特に北東方面間近には積石塚の群集墳で知られる大室古墳群があり、転じて南側数キロには、かの森将軍塚(4世紀後半、東国最古級の本格的な前方後円墳で、竪穴式石郭の規模だけでいえば全国でも最大級)がある。

東に聳えるのは尼厳山(あまかざりやま)と、尾根続きの奇妙山(きみょうさん)。ともに印象的な山容を持つ信仰の山である。
手前の尼厳山はきれいな三角錐形を成す雨乞い山で、その奥の奇妙山は……おかしな名前だが、かつては帰命山とでも書いたのだろうか……露岩の目立つ修験の山である。
もう少し南下すると、かの、"ピラミッド"皆神山もあるが、そこまで行ったらもはや別のエリアと見るべきだろう。

さて、近辺の地勢に関する説明はこれくらいにして、次回から、それぞれの頤気神社のレポートを順にお送りしたい。
それにしても今回は、「やはり現地に行ってこそ実感できることはあるなあ」と、つくづく感じ入ったのだった。両社は地図上で見る限り、その地勢においてまったくの同類としか思えないのだが、境内の印象はまったく対照的だったのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。