スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若宮とミシャグジ

ミシャグジの本質を探る試論

またしても脱線の延長ということになってしまうのだが……どうしてミシャグジと御子神がオーバーラップするのか? その理由をあれこれ考えていて、ひとつの仮説に至った。
ただし、これは史学の範疇ではないだろう。信仰史に密接に関わる話ではあるが……まあ、信仰思想の範疇での試論、ということにでもなるのだろうか? 自分でもよくわからないが、識者に検証していただければ幸いである。

まず、「若宮」という語の定義について再確認したい。

非常に汎用的な言葉で、社名としても地名としても(もちろん、地名は社名に基づく例が大多数なわけだが)全国各地で無数に見受けられる。御子神、若神子なども同様である。
また、かつては今でいう皇太子のことも意味していた。つまり「若い宮様」。殿様の息子を「若」と呼ぶのもそこから来ている。

現代における、ごく一般的な軽い意味合いでの「若い」という形容詞も相当に古くから認められるわけだが、ただ、そこに本来「貴さ」のニュアンスが含まれていたのかどうかは、もうひとつ判然としない。
現時点で、感覚的には「あった」と私は考えるが。

全国規模で一般的に知られる「若宮」としては、若宮八幡がもっとも著名であろう。八幡神である応神天皇(誉田別命)に対し、御子である仁徳天皇(大鷦鷯命)を祀るのが基本で、この例は全国あまねく存在する。
次いで有名なのがおそらく春日大社摂社の春日若宮だが、これも天児屋根命の御子神である天押雲根命を祀っている。
穂高神社の若宮のケースはだいぶ違っていて、中興の祖とみなされ、御舟祭の根拠でもある安曇比羅夫と、有縁かつ伝承の人物である信濃中将(ものぐさ太郎)を祀っている。これはもう、まったく御子神という域ではなく、名のある末裔という範疇である。
しかしまた、全国各地無数の若宮八幡社の例に見られるように、本社と同じ神を勧請し、「新たに祀った」という意味で若宮を称している例も、ごくごく一般的である。

いずれにしても、「若宮」という概念には、「新たな神」「(神威を)引き継ぐ神」といったニュアンスがある。
しかし、この「新たな神」という概念を改めて見直してみると、「生まれ出づる神」という性質もあり、それは『精霊の王』(中沢新一)いうところの「胞衣に包まれた宿神」=ミシャグジの性質そのものではないのか……?

多分に飛躍はあるが、この気付きが思考の端緒であった。

正月の「若水」を採るのは、べつに新たに掘った井戸でも、新たに湧き出した泉でもない。いつも使っている井戸から今後も変わりなく供給される(ことを願う)水である。
正月、新たに若水を汲む儀式によって、その井戸や泉は新たな生命力を得て生まれ変わるのだ。そして、一家でその若々しい生命力を摂取する……。
もっとも、古くは天皇に捧げる若水は専用の井戸から一度きりしか汲まない、という本義もあったようだ。しかし、民間信仰としての普遍性を考えるに、むしろそちらを特異例と見るほうが妥当なのではないかと思う。

そもそも正月とは太陽の生まれ変わりを祝う祭であり、「新月」とは、死んだ月が新たに生まれる姿を指す。
朔月。
サク……。
そしてまた、蛇や蛙の信仰は、冬眠からの目覚めの姿に負うところが大きい。
そこにあるのは、「再生」という概念で表される生命力そのものへの信仰であり、祈りである。

常に死と直面しながら生きる古代人(というか、現代文明人以外のあらゆる人間)にとって、生命とは単純にポジティブなものではなく、死と誕生というそれぞれに神秘的な作用が表裏一体となって織り成すマジカルなものであった。仏教でいう「輪廻」とはまた違う理解ではあるが、生命エネルギーは、常に循環構造をなしていたのである。
それが、ここでいう「再生」という言葉の意味だ。

たとえば、祀る神が人格神としての祖神であるならば、それは「とうに亡くなった過去の人物」である。だが、その「神格」は現在を生きるものでなくては信仰の対象にならない。
偉大なる死人は、いかにして神へと変容するのか?

建御名方は、御衣着をもって新たな幼童(大祝)に憑依し、幾度でも蘇った。
その儀式は、無数の古墳に囲まれた「祖先の地」である上社前宮(私は密かに、前宮のことを「死者の谷」または「王家の谷」と呼んでいる)でおこなわれなければならない。
その儀式において、再生のための神秘的な生命力を与えてくれるのが、ほかならぬミシャグジ神なのである。

そもそも、若宮の「若」とはなんなのか?
以降はまったくの恣意的妄想の域でしかないと自覚しつつ話を続けるが、「skの言葉」があるように、「若」の根源には「wkの言葉」があるのではないか。そんなことを思いついた。
湧く、沸く、涌く……。「新たに(いずこからか)生じてくる」ものである。
アニミズム的な視点からは、湯立神事の本質が沸騰現象に見出した神秘であると理解するのも、まったく自然なことであろう。あの泡の中からは、次々に新たな神が生まれ出てくるのである。
「わくわくする」まで行くと、まあ駄洒落の域かもしれないが、「言い訳」の「訳/わけ」にしても、由来、いわく、根拠と解釈すれば同じ流れで理解できる。さらに、ワケ、別け、分ける、そこまで持っていっても、まったく違和感がない。古代に「××ワケ」という名が極めて多いのも、この理解で筋が通る。後世、「総」とか「継」といった命名に込められた意味合いが、「ワケ」には込められていたのではないだろうか。
と、ここまで考えると、「脇/ワキ」が「分かれる」の活用(もしくはその逆)であることは、もはや強弁するまでもないだろう。

こうした語源説が、科学的現代的比較文化論的視点がなければ妄言に等しいということは承知しているが、にしては説得力があるのではないかと自負している。少なくとも、若宮という語が、「別け宮」という意味を包含していると見るのは、実情から見て、相当に確度が高いのではないだろうか。
そしてその時、「別け」た宮には、同時に、「若い」宮としてのエネルギーが込められているのである。
それは、本来、同じ意味なのだから。

つまるところ。
誰それの氏神であるとか、諏訪への従属の証であるとか、そういった世間的事情云々以前に、ミシャグジ信仰の本質そのものが、もとより「若宮」という概念に包含されているのではないか、そう考えたのである。そして、現在にまで残る数多の祭祀場の残滓(つまり現代に残る多くの神社のことだが)を見る限りにおいてすら、その思考の筋道は、無意識にではあるかもしれないが、相当に広く受け入れられていたのではないかと思える。

祖神であれ、自然神であれ、その神は、ミシャグジのサポートあってこそ、新たな生命力を得、今を生き続けることができる……諏訪神社の本拠を離れ、何処に立ち現れるときも、ミシャグジは常に協力者、司祭神としてその力を発揮してきたのだろう。その表れが、御子神ほか、個々の祭神を奉じるミシャグジ社というものの姿なのではないだろうか。そんな中でも、自ずと「若宮性」を持つ御子神たちは、ミシャグジとの相性に優れていたのかもしれない。

例の「強い味方」である小学館の日本国語大辞典「若宮」の項には、ここまでに書いてきたような意義(「wkの言葉」の件は除く)に続けて、最後の4番目にこう書いてある。

若宮
はげしく祟る無縁の霊を斎(いわ)い込めるために、大きな神格の支配下においてまつり始めたもの。祠などに祀ったりする。


まったくもって……古層の神道祭祀への驚嘆すべき理解度の高さを淡々と示している素晴らしい定義である。
これは、私の考える諏訪御子神のあり方にマッチする。
前回書いた、「御子神とされる神々の多くは、古代氏族の血縁、系譜をそのまま表すものではない。云々」という件のことである。もっといえば、建御名方自体が、強く若宮性を抱いているのである。

日本国語大辞典のこの見解はどうやら柳田国男の著述に基づくものらしいのだが、私はまだまだ勉強不足で典拠に至っていない。
ただ、春日大社における天児屋根命の御子神・天押雲根命は、「消された神」のニュアンスを持っているようなのだが……中央の神については、つくづく勉強不足である。
ひとまず、郷里の神に戻ろう。

「ミシャグジ」というのは、実は「一般名詞」なのではないかと私は思っている。つまり……あくまでも一例だが、現代語訳をするならば、単に「精霊」というような。
おそらくミシャグジは、諏訪信仰の核心部でそうあるように、「神にすら作用する根源的エネルギー」なのだ。ヤマト系のいわゆる「神」とは異なる次元の存在、汎存在といっていいかもしれない。
最末期の神長官邸祈祷殿に「八百万神」が祀られていたのも、そうした形でのミシャグジ理解の残滓なのではないかと思えてくる。

おそらく、「ミシャグジを祀った神社」というものは、本来、存在しないのだ。ミシャグジの存在を知り、畏敬する者たちが祭祀をおこなうとき、神社に限らず、その祭祀の場には必ずミシャグジが降りてくるのである。
山にも、川にも、泉にも、古墳にも。

ミシャグジは神ではない。
ミシャグジは、ミシャグジでしかないのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。