スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「社子神」問題の補足

ささやかだが、やや学術的な調査報告

中途半端なことを書いてしまったことが気になり、図書館に行って、今井野菊大先達の『御社宮司の踏査集成』を閲覧してきたのであった。
この手の資料はなんの目的意識もなく目を通してもほとんどなんの成果も得られないのだが、よくしたもので、自分なりのテーマと独自視点を持って当たると燦然と光を放ち始める。

社子神=御子神説を前提として目を通したことによって、いくつか気付いたことがあったので、ここに記しておきたい。

1.豊田千鹿頭神社(諏訪に現存する中で最大規模の千鹿頭社)に合祀されていると思われるミシャグジは、「若宮さま」と呼ばれていたらしい。

2.「社子神」の表記が伝わる神社は、長野県内では先述の2社以外には、たったもうひとつしか発見できない。

3.だが、「社子神」表記は、静岡県に多数見られる。

4.「社子神」表記であるか否かに関わらず、御子神を祭神とするミシャグジ社は相当数見受けられる。


1に関しては、前回の話のレベルで傍証がひとつ増えた、という程度だろうか。

2は、ちょっと意外だった。そんなに少ないとは……。
そのたった一例は、所在地に「中野市吉田屋敷田」とあるが、現状、地図上で確認できていない。ただ、この最強の踏査記録をもってしても、データが完全ではないことは承知しておく必要がある。現に、この記録では岡谷市~下諏訪町にかけての地域が諏訪地域内のミシャグジ空白地帯となっているが、このエリア内で、記載されていないミシャグジの4つや5つは個人的にしっかりと確認している。
また、当該物件は未確認ながら、中野市近辺は諏訪信仰臭の非常に濃密なエリアである。

3については、他の件での理由も大いにあって、遠からず静岡の調査行も敢行せねばなるまい。ま、いってしまえば……彼の地には須波若彦がいるのである。静岡の社子神には、須波若彦(当地では「諏訪若御子」とも表記される)が祀られている例があるであろうことを、半ば確信している。

そして4だが、今ここで、ある程度データをまとめておこうかと思う。
この踏査集成、祭神については、長野県内の物件のみ地域ごとの統計データが載っているだけで、個々の物件に対応する形で示されていないのが残念なのだが、それでもなお、(このマイナーなテーマを追う私にとっては)貴重極まりないデータである。

県内のミシャグジ関連社の祭神だが、まず、圧倒的に建御名方が多いことはいうまでもない。次いで、八坂刀売(表記はいろいろある)を合祀している例。ちゃんと数えたわけではないが、以上で全体の過半数を遥かに超えているものと思われる。
次いで下社流に事代主が絡むか単独で祀られたもの、大国主系が続く。いずれにしても諏訪出雲系メジャーどころの範疇に収まっているもので、8割くらいは行くだろう。
特に大国主はダイコク様でもあるので、道祖神系の習合でやはり例は多くなる。同様の流れの習合で、猿田彦も当然少なくない。これらのパターンは北信に目立つ。

例外的なのは稲倉魂で、相当数の例が見られる。これはまあ、得体の知れない怪しげな古代神ではなく、おなじみの農耕神にひとつ守護をお願いしたいと、そういう率直な庶民感情の現れであろう。ただ、それが稲荷とか豊受とかのポピュラーな呼称でなく、おおむね稲倉魂に統一されているなんらかの事情はあるのだろう。
あとは伊那谷を中心に、守矢系統も当然のことながらぼちぼちと。そして、残りの「特異例」といっていい範疇(全体の中では数パーセント)に、さまざまな御子神が確認されるのである。

基本的に自分用メモとして(万一、参考にしてくれる方がいたらその方のためにも)、以下、地域ごとにまとめておく。
なお、孫神および(洩矢神系統である)千鹿頭神もリストに加えてある。

なんというか……まともな神社の主祭神としてはなかなかお目にかかる機会のない、諏訪系マイナー神たちのオンパレードである。個人的には豪勢極まりなく、思わず笑みがこぼれてしまう。

【上伊那】
出早雄:4社
千鹿頭:1社
彦神別:1社

【下伊那】
出早雄:1社
外県:1社

【小県】
馬脊:3社 ※1
出早雄:1社
池生:1社
大県:1社 ※2

【東筑摩】
草奈井比売:1社
千鹿頭:3社

【南佐久】
下照比売:3社 ※3
興波岐:3社
大県:3社
八縣宿禰:1社 ※4

【北佐久】
蓼科:2社
大県:5社
千鹿頭/近津(合祀):1社

【南安曇】
(なし)

【北安曇】
(なし)

【上水内】
守達:1社 ※5
守田:1社
池生:1社
建志奈:2社 ※6
須波若彦:1社
八櫛:1社 ※7
妻科:1社

【下水内】
智奴/庭津比売/馬脊/沙奈津良比売/八須良雄/武彦根(合祀):1社 ※8

【埴科】
八櫛:1社

【更科】
出早雄:1社
池生:2社
八杵:1社

【上高井】
高杜:1社 ※9

【下高井】
馬脊:1社
高杜:1社


以上だが、このデータを見渡しただけでも、御子神たちの真地がある程度透けて見えてくるようである。水内の豪華なバリエーションにも感動するが、反対に、佐久地方のラインナップにはブレというものがまったくなく、見事である。
関連して、単独で祀られている姿にはまずお目にかかれない「県/あがた」系の名の神が各地で多数祀られている点が非常に興味深い。

なお、ここに登場しているよりマイナーな神々については、(あまり興味を持つ人もいないと思うが)文末の注釈を参照されたい。注釈では、十三柱のすべてを書き終えてから触れようと思っていた「十三柱から漏れた御子神たち」についても、結果的にいくつか触れることになってしまった。とにかく手が回らないので、当面これ以上は追わないことにしておく(書かないだけで、実際は追い続けずにいられないわけだが)。

さて、この時点で、シリーズの最初に前提として一部語ったことではあるが、今一度きっちりと確認しておきたい。

御子神とされる神々の多くは、古代氏族の血縁、系譜をそのまま表すものではない。

このことを確認しておきたい。
想定されるパターンとして代表的なのは、

・諏訪勢力の軍門に下った地域/一族の、地主神/氏神
・諏訪勢力から派遣され功を遂げた施政者が神格化したもの、もしくは彼らの氏神

この2つである。
いずれにせよ、相当な古層のことでないと「御子神」という処理の仕方はされていないものと考えられる。当然、「後の諏訪勢力(の一部)が(まだ)諏訪にいない」時期の出来事も想定内とすべきであろう。基本的には古墳時代~奈良時代、最大限新しくても、平安初期までのことではないだろうか。時代が下れば下るほど神話は成立しにくくなり、代わりに「歴史」が残る。

いや……仏教の影響を受けた「中世神話」は、また別であった。

今のところ、諏訪御子神伝承の中から「中世神話」的なものを具体的に見出すことはできていないが、もし、そちらからのアプローチで端緒が発見できれば、また飛躍的に解読が進むのではないかと期待している。
特に、蓼科神と八杵命に関しては、現時点でも大いにその可能性を感じている。



※1「馬脊」
→※8を参照のこと。

※2「大県」
大県神は、興波岐命の別名ともされる(その場合、十三柱中の重複になるわけだが)。

※3「下照比売」
かなりつっこんだ注釈になるが……。
下照比売(下光比売)は、諏訪の御子神ではない。オオクニヌシの御子、アジスキタカヒコネの妹「高比売」の別名として、古事記にしっかり記載されている由緒正しい出雲神である(そういう意味で十分に近親とはいえる)。飛鳥座神社ほかに見られる高照比売(高光比売)が、同神とも姉妹神ともいわれるが、はっきりしない。
いっぽう諏訪において、高照比売は諏訪市大和の先宮神社に祀られている。先住神であるとか、建御名方の姉であるとか(アジスキタカヒコネの妹だとすれば決して矛盾しない)の伝承を持つ興味深い存在である。また、上社で重視される西山の古社群のひとつである小坂鎮守の祭神が、下照比売とされている。
鴨都波神社や飛鳥座神社に諏訪神がいる点などから、直接なんらかの関係がある可能性も十分考えられるが、同名異神で諏訪固有の地方神ということもあり得るだろう。加えていえば……この件は興波岐命の項で詳しく扱う予定だが……先宮(さきのみや)神社の本義はおそらく「佐久宮/さくのみや」であり、御神渡神事を通じて佐久新海三社神社と深い縁がある。その佐久にのみ下照比売が3社あるわけで……いずれにしても諏訪信仰との縁を無視できないので、リストに入れておいた次第である。

※4「八縣宿禰」
出早雄の御子神。また、佐久地方のもっとも重要な諏訪系列社である新海三社神社では、主祭神である興波岐の別名としている。「御子」というと関係性が限定的な印象だが、若宮という概念においては直接の子でなければいけないという制限はないので、別に矛盾はしない。両面宿禰と八面大王を混ぜたような名前が気になるところだが……詳細不明。

※5「守田」「守達」
守田、守達、守宅といった表記の神は、守矢氏系図を含む複数の諏訪神社関係系図の神代の範疇に登場するが、それぞれ別神なのか、同神なのか、守矢系なのか建御名方系なのか(もしくは、諏訪古族系なのか金刺系なのか)を含め、混乱が感じられ判然としない。御子神十三柱にこれを加えるバリエーションもある。
三代実録には「守達神」と「宇達神」(これはおそらく誤字)を見出すことができ、その論社である守田神社が、「守田廻神社」を含め水内(長野市内)に3社ある。つまり水内を真地とする神である可能性が高いので、守矢氏系列の祖神とはちょっと考えにくいところだ。

※6「建志奈」
「蓼科」の異表記。三代実録記載の神。諏訪でも、茅野市の山浦地方(まさに蓼科山の山麓)でこの表記が見受けられる。蓼科神の項も、簡単には済みそうもない。

※7「八櫛」
八櫛命は、神長官守矢氏系図において、千鹿頭神の跡を継いだ建御名方の御子神・片倉辺命の子である児玉彦命の、さらに御子神として確認できる。三代実録記載の神だが、比定社不明。茅野市の御座石神社には、神仏分離時、本地仏薬師如来に差し替える形で祀られた例が見られる。また、長野市西北郊外の通称「ぶらんど薬師」にも祀られているが、こちらは薬師如来が後付けかも知れず、三代実録記載社である可能性を残す。

※8「智奴/庭津比売/馬脊/沙奈津良比売/八須良雄/武彦根」
馬脊命(麻背命)を含むこの六柱は、飯山市の式内論社、健御名方富命彦神別神社に配祀されている神々である。馬脊命のみ三代実録記載の神で、上田市と青木村の境界近く、古東山道沿いと考えられるあたりに東西宮に分けられた形で祀られている。これが国史現在社でほぼ間違いないと思われるが、静岡県浜松市の山深い天竜川沿い、諏訪神楽の残照として名高い「花祭り」や「霜月祭り」で知られるエリアにも「馬背神社」を称する諏訪社があり、遠江国式内社「馬主神社」の論社のひとつとされている。
この六柱、当ブログ彦神別の項で触れた時点では正体不明だったが、その後、確認することができた。すべて、彦神別の御子神(建御名方の孫神)とされている神である。この飯山市の彦神別社には、長和2年(11世紀前半)にこの六柱を配祀した旨の社伝が残されているという。
智奴命に関しては、出典を失念してしまったが、確か江戸末期の文献で千野(茅野)氏の祖神とする見解を見た覚えがある。であれば、上社で代々外記太夫を務めた古族千野氏は水内から下った金刺系の一族である可能性が高くなるわけだが、他ならぬ千野家に伝わる系図では、諏訪大祝家の支族であるとしている(まあ、それを矛盾しないとする見解もあるわけだが、というか私個人の見解では矛盾しないのだが、この場合、問題は当事者の自負なので)。

※9「高杜」
高杜神も、十三柱に列せられた例が見受けられる有力な諏訪御子神である。「高杜神社」は式内社で、北信で南北に隣接する中野市と高山村それぞれに論社があり、いずれもそれなりの説得力を持つ古社である(両社は鎮座地に共通する地名を持つので、おそらく古い時代における祭祀一族の移住もしくは分派によって二社となったものだろう)。特に中野市の高杜神社は、大量の銅戈と銅鐸が発見され弥生時代の考古学を根底からひっくり返した、かの柳沢遺跡の祭祀と無関係とは思われず、注目される存在である。

■翌朝、少々の補記を加えた。/同日さらに加筆。
■さらにさらに、失念していた智奴命に関する件を付記。
■付記訂正が多すぎて面倒になってきた。10/12/09、サブタイトルまで変更。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。