スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社子神社(長野市三輪)

御子神踏査報告 その2

長野市街の東北部に「三輪」という地名がある。かなり広範に渡る地区で、中心部には地名の由来となる美和神社も鎮座している。今回は訪問できなかったが、東国では極めてレアな三輪式鳥居をしっかり備えた、なかなか立派な神社らしい。

ことのついでにいっておこう。
私は三輪と諏訪とを結びつける見解には否定的である。率直にいって、その根拠は極めて薄弱なのである。無論、「出雲族」という概念における結びつきを考えた場合、古事記という極太の根拠があるわけだが、古事記における建御名方説話自体が強く「操作」を感じさせるものであり、また、諏訪の地に建御名方信仰というもののリアリティがまったく感じられない(あるのはミシャグジ信仰ばかり)ことからも、否定的にならざるをえない。
そもそも三輪に関連して出雲族を持ち出すのであれば、諏訪云々以前に「オオモノヌシという神」と「オオクニヌシという概念」がどういった関係にあるのか、そこの洗い直しから出直してきてくれといいたい。

よくいわれるのは、「大神神社と同じように神体山を拝んでいて、本殿を持たない」というやつなのだが、はっきりとここで断言しておく。

それはウソです!
諏訪大社には、普通に本殿があります!

まあ本殿の祀り方については疑いなく諏訪ならではの特殊性があるのだが、基本的には、神仏習合時代の名残で本殿のことを今でも「御宝殿」と呼び習わしているがゆえの誤解である。本殿のことを宝殿と記載する例は、江戸期の造営帳等でもごくごく普通に確認できるのだが……どうしてこの強引な誤解が広まってしまったのか、今となっては理解に苦しむ。おそらく、上社大祝一族の神(みわ)氏と、(天皇発祥の地)三輪山とを関連づけようとする恣意性が働いているのであろう。
恐るべき「諏訪バイアス」の一例である。

もし、出雲族と諏訪との関係を探るのであれば、上社古族より金刺氏との関係を探ったほうがよほど発見の期待度が高い。なにしろ越との縁が深いし、北信には、式内社「伊豆毛神社」なんてものがあって、好事家たちの視線を惹き付けていたりもするのだ。
あと、上社にはいない事代主(生粋の出雲神)が、下社には居候してるしね。

と、のっけから大いに脱線したわけだが、ま、「長野市三輪」という場所についての予備知識だと思っていただければ……。
(そうかぁ?)

さて、今回の舞台は、その三輪地区の西端である。前回も書いた通り、健御名方富彦神別神社が鎮座する「城山」という丘の東麓とも表現できる。城山というからにはかつて城があったわけだが、なにしろ戦国時代への興味が薄いのでその詳細はスルーしておく(ま、ちょっと検索でもすれば、いつ誰がそこを居城としていたのかすぐにわかると思うが)。
ともあれ、城が建つ以前を想定しても、地勢的信仰的に興味深い丘陵ではある。現在でも、長野市街はこの丘陵(と、西側に地続きの善光寺の広大な敷地と)で分断されている感があるのだ。

その丘陵の西麓、現在ではビュビュンとクルマが行き来する郊外幹線の直下に、社子神社は鎮座している(あー、ようやく辿りついた)。
周辺の街は……相当に古い。
車内からウインドウごしに撮った酷い写真なのだが……参考までに上げておこう。

社子神社周辺市街

そしてこれが、「伊豆速雄命」が祀られている社子神社である。

社子神社全景

かなり小さな神社である。前回の池生神社と比べても全然小さい。
そして社殿も新しい。ただ、新しいだけでなく、大切にされていることがよくわかる。小さな拝殿の中が寄り合い所になっている気配(隅っこに缶ビールがいくつか置いてあった)とか、民芸品臭いなんちゃって地蔵が社頭に置いてあるあたり、まあどうかと思わないでもないのだが、そこが地域社会のまさに「拠り所」になっているのであれば、神様的には本望なのではなかろうか。

社子神社鳥居扁額

社子神社標柱

社頭の石柱と鳥居の扁額には「社子神社」とあるが……。

社子神社拝殿扁額

拝殿の扁額には「御守護神」とある。
新品ピカピカな上、アマテラス云々な神官さんの揮毫ということで思わず色眼鏡で見てしまいたくなるが、「ミシュゴジン」と読むのなら、これもまた無数にあるミシャグジ表記バリエーションの一例なのかもしれない。

社殿にせよ境内にせよ感銘を受けるような質のものではなく、正直なところ、ただ「現地に行っただけ」な感もあったが、イズハヤオの神様にご挨拶できるお宮というのはそうそうあるものではないので、ま、よかったのではないかと思う。それに、前回の池生神社同様、「生きている神社」ならではの由緒書にはそれなりの面白みがあった。

社子神社由緒書

「横山社子神社」と「ひもろ」
この神社の祭神は伊豆速雄命(無格社)諏訪大社の祭神、建御名方の御子神で往古より芋生郷内二十一社の中の一つと伝えている。境内の「ひもろ」左手の木は「歴史的樹木」である。樹齢は古くてはっきりしない。


とりあえず、「横山」という字には説得力がある。南から北への参拝ラインを持つ善光寺の東側にある城山の西麓……なるほど、横山だ。
しかし……。

ひもろ……。

なんだろう?
「ひもろ」と、わざとらしくカッコでくくっておいて、なんの説明もしてくれないのはどういうつもりなのか? 「歴史的樹木」って……そのくせ「古くてはっきりしない」って……確信犯で混ぜっ返しているのか? なにか挑戦的なものさえ感じるのだが。いや、逆に投げやりな感じもするか……。

それにしても、ひもろ……神籬(ひもろぎ)のことかなあ……などと首を傾げつつ、帰宅してから強い味方である小学館の日本国語大辞典を引いてみると……どうやらこれかな、という項目が見つかった。

「ひもろ【姫榁】[名]方言→ひむろ(姫榁)」という前提で、基本的には椹(サワラ)の園芸品種、地方によって、杜松(ネズ)とか椹そのもののことも指すらしい。いずれにしても針葉樹の品種名である。

境内左手ねぇ……まあ狭い境内なんで……それらしい物件はこれくらいしかないのだが。

社子神社ひもろ?

これ、針葉樹じゃないし。
そもそも「歴史的樹木」には到底見えないし。
ただ、その小木の右足元のちっこいやつは「神籬(ひもろぎ)」っぽいか?

改めて境内全体を見渡してみる。

社子神社客観視

いや、やっぱり「歴史的樹木」らしきものは全然見当たらないでしょう。

結局……なんだか全然わかりません!

というわけで、わからないことはわからないままに放っておいて、前回予告した「話の続き」に進もうかと思う。ていうか、それがこの項の本題だったわけで。

たった2つのサンプルであれこれいうのはどうかと思うのだが、現時点、直感レベルで考えたことを記しておこうと思った。

同じ地域で、「社子神」の名の下に、別の諏訪御子神が祀られている。
ここから憶測しうる唯一のこととして、この地では、「ミシャグジ」の名を、諏訪御子神の意味で用いる習慣が、少なくともある時期には、あったのではなかろうか。
ゆえにこそ、「社子神」という文字を充てたのだと考えれば、合点が行く。
それぞれの宮において、ミシャグジが本来なのか、池生命もしくは伊豆速雄命が本来なのか、それとも、もともとそれは同じことなのか、真実は遥かに遠く霞んでいるが、ひとつの「パターン」がここにあるということは認めてもよいのではないかと思う。
すなわち……非常に大きな意味合いでだが、諏訪信仰にとって、「ミシャグジ=若宮」という扱いが通念として成立していた地域、時代があったのではなかろうか。

ここまで考えた時点で、思い出したことがある。
真志野、大熊など、上社直属の郷村の「御頭御社宮司社」において、御子神十三柱が配祀されている例がいくつか見受けられるのである。
そこでいう祭神を定めたのが明治期の合祀強制時代であったとしても、こじつけにせよ願望にせよ、さすがに根拠のないことはしないはずである。
やはり「ミシャグジ社」は、諏訪若宮としての性質も帯びているのだ。

そういえば、出典をまったく思い出せないのだが、郷土史の類で、「どうしたわけか、ミシャグジをあろうことか建御名方の御子神のように扱っている例も見受けられるが」云々みたいな話で、プンスカ怒っている人がいたような記憶がある。読んだ時点ではまったくピンと来ていなかったのだが、もしやして「このこと」だったのだろうか。
しかし、古層の先住神を御子神という定義で体系に取り込む手法は、諏訪信仰では実際に相当数やらかしている気配があるわけで。だとすれば、ミシャグジをさえも、御子神として支配体系内に位置づけてしまおうとした金刺と、それを許さず、どこまでもその独自性を守りきったミシャグジ&守矢神長官、という構図で理解することが可能なのではないだろうか。
だからこそ、神長官の威光が及ばぬ金刺側の縄張り内では、金刺の戦略がある程度までは奏功した……と。

中北信に数多ある「社宮神」や「三社宮」等々をひとつひとつ精査していけば、この仮説の是非も自ずから明らかになってくるのではないかと思う。と同時に、そこには忘れ去られた御子神たちの痕跡をも、見出せるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。