スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池生神社(長野市北長池)

御子神踏査報告 その1

今回の踏査では、のべ20ヶ所近くの神社を見て回った。そのすべてをレポートに起こすのはしんどいので、今後必要に応じて……ということになるかと思うのだが、池生命にかかわる神社については、現時点でとり急ぎレポートしておこうかと思った次第である。

まずは長野市、すなわち「水内」に鎮座する池生神社から見ていくことにしよう。
繰り返し触れてきたことだが、水内という地は下社大祝金刺氏の旧地と考えられる。そこまで断言はできないとしても、最低限、一族ゆかりの地であることに疑いの余地はない。御子神十三柱が下社臭の強いカテゴリーである以上、そんな場所に池生を名乗る神社があるとなれば、まず第一にチェックしなければならんのである。

ちなみに、気分次第でころころ文体が変わる件については、ひとつ、大きな心で見逃していただきたい。もともと情緒不安定な性質なのだ。
嘘だけど。

この(マイナーな)神社を知るに至った経緯だが、単純に地図上で発見したというだけの話である。ネット上でも、この神社を話題にしたなんらの記事もトピックも見出せない。
「県別マップル長野県道路地図」。
これがなかなかバカにできないのだ。けっこう小さな神社でも載っている(いっぽうで載ってない神社もあって、その取捨選択基準はまったくの不明)。鎮守の森を伴う神社というものが、ランドマークとして効果的だという事情もあるのかもしれない。私はヒマさえあればこのマップを眺め、面白げな神社を探しているのである。

住所は、池生命編(未完)で書いた通り、長野市北長池。さすがに旧い字まではわからないが、実にまったく、池生命が鎮座するにふさわしい地名というべきであろう。

てなわけで、ロードマップを頼りにクルマで現地に向かったわけだが、さまざまな経由地を経たため、秋の陽はつるべ落としというか、あいにくのぐずついた天気で、日暮れに向けて焦り始める16時近くになっていた。
位置的には長野市街の南東部、千曲川と犀川の合流点から北に4~5kmといったあたり。長野五輪で有名な「Mウェーブ」の北2kmと表現しても可。千曲川の河川敷からも1km半ばかりの至近距離にあり、まったくの平地、善光寺平ド真ん中である。
諏訪周辺の池生神社は、鬱蒼とした山際の湧水に宿る神という印象が強いので、かなりギャップ感があった。となると、江戸期の新田開発で勧請した鎮守神といういちばんつまらないオチに直面する可能性も大いにあるだろう。

ま、それは覚悟の上として、平地であり、市街であれば交通の便に関しては問題ないだろうと予測していたのだが……あにはからんや、非常に不自由。用水路と思われる小さな川に阻まれ、また、狭い路地の中の学校なんかにも阻まれてなかなか目的地に近付けない。
ということは、決して新開地ではない!ということで、むしろ大変喜ばしい。

旧蹟巡りをしている人なら誰もが実感していると思うのだが、古い場所ほどクルマでは行きにくいもの。なおかつその里が今でも「生きている」場合、旧道沿いに集住する民家の立ち退きは容易なことではなく、再開発も思うに任せないわけだ。

ともあれ、ようやくその用水路越し、反対側に美しい社叢と社殿を見つけ、クルマで渡れそうな農道の橋を見極めて、なんとかかんとかたどり着いた。
さらに……神社仏閣に幼稚園や保育園が隣接している例は多いわけだが……素敵なヤンママさんと彼女たちが運転する軽自動車とチビっ子たちの大群に囲まれ、大いに往生したものである。
まあ、時間帯が悪かった。

古野神社全景

苦労した甲斐あって、さほど広くはないまでも、なかなか風情のある境内である。特に欅の古木がすばらしい。境内を楽しみつつ、ゆっくりと拝殿に向かって歩を進め、扁額を見上げた。

古野神社鳥居

古野神社。
……と、ある。

あれ?
違うじゃん!
なかなかいい趣の神社ではあるのだが……あとで調べてみたら、村の鎮守の八幡様らしい。それこそ新田系か。
なんにせよ、八幡社にはあまり興味がない。まあ本家の宇佐はまったく別だし、合祀にも注意しなければならないが、基本的には招魂社と神明社の次くらいに興味がないのだ。寺でいえば、そう、禅寺くらいに……って、どうでもいいね!

地図で確認すると……用水路のせいで、東に半キロほど行き過ぎたようである。
日没に向けた焦りがぶり返したが、まあ、なんとかなるものだ。
目当ての池生神社は、よりわかりにくく、より目立たない住宅地の中にひっそりと鎮座していたのであった。

長池池生神社全景

今度は間違いなし。

うーん……かなり小さい部類かなあ。しかし「祠」というレベルの小ささではなく、それなりの境内地をともなった立派な「神社」ではある。だいたい武居エビスくらいの規模かなあ……って、同等にマイナーな例を比較に出してもなんの意味もないし!
にしても、「諏訪信仰を調べていてこの神社を訪れた人って、過去にほとんどいないんじゃねえか?」などと、つまらん選民意識が脳裏をよぎったものであった。

長池池生神社拝殿

長池池生神社裏手

長池池生神社扁額

拝殿、蔵、覆屋、すべて安っぽい現代作だが、氏子が絶えていないことの証左でもあるので、それはそれで好ましい。本殿は拝殿の奥、覆屋の中でまったく見えないが、暗闇を透かし見るに、おそらくそれだけは年季の入ったものであろうことが推し測れた。
社叢は極めて貧弱(だから見つけにくかった)。古木とはいいがたい針葉樹が数本、という程度。ただ、裏にはけっこうな広さで農地が残っていて、これまた好ましい。いっぽうで、期待された池は付近に見当たらず、湧水の気配もなかった。敷地に接して用水路が見られるのみだ。

長池池生神社用水路

状況だけ見れば、農業を前提とする水神として祀られたとみてほぼ間違いないだろう。「長池」という地名から察するならば、まあ、千曲川氾濫の名残の水溜り(三日月湖的な)でも存在した時期があったのかもしれない。ただ、以前書いた通り、遠からぬ位置に諏訪系の郷村で祀った長池神社と長池水原(みなもと)神社があるので、地名についてはそっちとの縁を考えるほうが妥当であろう。

とりあえず、出会いの第一印象として、この神は諏訪周辺に見られる鬱蒼とした森の中の泉の神と同神ではなさそうである。無論、アニミズム的意味合いにおいて、の話だが。
大河に近い拓けた平地に祀られる、むしろ、イケ/イキ神社(のレポートも、今回のシリーズでアップする予定)の神様と同じ神なのではないかという印象を持った。

それから、諏訪もんとして当然のように気になったのが、御柱の存在である。

長池御柱01

これぞ諏訪系の証!
なにしろ今年は御柱年なので、どこに行っても新品の御柱、新品の社殿に行き当たる。

長池御柱02

控えめサイズの御柱が、二本だけ、社殿の脇に並んで建っていた。冠落とし(曳行終了後、柱を建てる前に先端を切り落とし、三角錐または四角錐状に形作る処置)をしておらず、先端は丸太状のままだ。皮も剥いていないので、杉らしき材の個性がそのまま残されている。

結界、または門の意味すら持たない配置と、無造作な処理、そして奉納者の個人名が書かれた板が打ち付けられているあたり、諏訪もんとして違和感をおぼえずにいられないところだが、北信では別段珍しくもないスタイルなのだということが、今回の東北信ツアーではよっくわかった。

だが、「コレ」は珍しい。
たぶん。

長池御柱03

先端の御幣に、おかめの面が取り付けられているのである。

諏訪とおかめの関係という話になると……まあ多少の薀蓄はあるのだが、非常に新しい話なので、ここではスルーしておこう。あ、いや、逆に最大限古い話もあるのだが、確実性が全然ないので、そっちも当面スルーしておこう。
ただ、ひとり密かに抱きつつある「もしかして池生命って女神様なんじゃないか?」という疑念には、もしかしたら関係あるかもしれないので……心の中にメモっておいた。

そして最大の収穫は、由緒書きの看板である。
小さな神社にもかかわらず、真新しく情報性の高い由緒書きがあるということは、氏子の熱心さがそのままそこに示されているのである。ますますもって好ましい。
とはいえ、社殿も境内も清々しく手が入っているのに由緒書きが見当たらない、という神社も少なからず存在するので、まあ、関係者やご近所に郷土史マニアのご老人がいるかいないか、という程度の違いなのかもしれない。
それもまた大事なことだと個人的には思うけれど。

長池池生神社由緒書

さて、その由緒書きの内容だが、まず「言い伝えによると貞観8年(866)の創建」とある。むう……言い伝えにしてはいくらなんでも具体的すぎやしないか。なんらかの文書(遥か後世の文書だとしても)の存在を想定しなければおかしな話である。国史現在社(式外社)論社としての見解なのかとも思ったが、池生命が三代実録に初登場するのは元慶5年(881)の記事なので、多少の誤差がある。たった15年だけ国史より古い、というあたりがインチキ臭くもあり、説得力があるようでもある。
まあ、この件はもうちょっとちゃんと資料に当たって検証しなければどうにもならない。
こうした由緒伝承は、ありがちとはいえ、ないよりはあったほうがいいのである。古社の魅力として。

そして、もっとも興味深かったのが以下の一節だ。

社名の呼び方が社宮司(しゃぐうじ)・産神(うぶがみ)・産土神(うぶすながみ)社子神(しゃごじん)などいろいろあって紛らわしかった。明治五年、いい伝えられてきた祭神池生命の池生をそのまま社号にと願い出て明治十一年に許可されている。

産神、産土神はともかくとして……社宮司、社子神と来ましたか……。

まあ、引用の後半部分は、例によって国史現在社としての社格をゲットするための国家神道的価値体系に基づくアピールに過ぎないわけだが、かといって、「いい伝えられてきた祭神池生命」という部分を黙殺するわけにもいくまい(ゆえにこそ、時の神祇庁の認可が下りたのであろう)。
だがそれよりも、社宮司、社子神のほうが問題だ。

「社宮司」はミシャグジの表記としてごくごく一般的。「社子神」もさほど多くはないが、散見はされる。
ただ、ミシャグジと池生命が重なるような祀り方に関しては、まったくの初見である。
これはいったいどういうことなのか。

そこで思い出されたのが、同じ長野市の善光寺脇、かの健御名方富彦神別神社が鎮座する城山の丘の麓に居を構える「社子神社(しゃご・じんじゃ/しゃごじん・しゃ?)」のことである。
ここの祭神は……本当にいったいどうなっているのか……あろうことか、「出速雄命」なのである。

実をいうと、今回の弾丸ツアーでは、この長野市三輪(「三輪」ねえ。実際、この地には美和神社があるのだが……)の社子神社にも立ち寄っている。

というわけで、次回、社子神社のレポートという形で話の続きを展開してみたい。

それにしても、この神社の由緒書きはなかなかに情報量が豊富であった。ということは、郷土史関係の書籍でそれなりに触れられている可能性が高いので、資料の発見を今後の課題として残しておこうかと思う。

次回長野に行くときは、丸一日県立図書館に籠もるスケジューリングをしないと……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。