スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御子神十三柱の覚書 その6

池生神(前編)

かなり途中経過報告の色あいが濃いのだが、それもまた一興ということで、とりあえず公開しておく。

基本的に水神である。
三代実録には、元慶5年(881)に階位を授けられたものとして「池生神」の名が記されている。これがどの神社を指すのかは厳密に特定されていないが、一般的に、式内社「頣気神社」の論社である長野市の頣気神社(「イキ」または「イケ」と読む)が有力候補とされている。といっても、長野市内に頣気神社は二社あり、千曲川を挟むようにして南北2kmばかりの至近距離に並んでいるため、式内社の特定は非常に難しい。移転後、旧地にも同名社が残ってしまうケースは多々あるが、諏訪の系列社だけに、かつては上下社、もしくは春社秋社だったという可能性も考えに入れておくべきだろう。

この二社のうち、南側に位置する松代町西寺尾の頣気神社の祭神には、健御名方と事代主の諏訪神社兄弟、そして猿田彦(この場合はまあミシャグジと考えて問題ない)とともに、主祭神として池生命が配されている。いっぽう、北側に位置する小島田町の頣気神社では、同じく諏訪神社兄弟と池生命だが、「頣気神」ともされる。
これだけ鎮座地が近いと、どちらが本来の式内社か?という論にさほどの意味はない。和名抄「池郷」の名によってもその古さが察せられるが、これだけ近くては論者の判断材料にはならない。いずれにしても古代信濃国造一族の本拠地ど真ん中であり、諏訪信仰の傘下に位置づけられたのは後世のことだと考えるにしても、同族たちの奉祭神社であったことに変わりはないのである。
もしそこが池生神の真地だとするのなら、池生神もまた、先に記した彦神別や妻科比売の考察に倣い、金刺が諏訪信仰の体系の中に持ち込んだ水内の神と考えるのが妥当であろう。

が、この神の場合、そう簡単にはいかないのである。

注意しなければならないのは、確かに延喜式に「頣気神社」の社名は見られるのだが、そこに池生神の神名が記されているわけではない、という点である。
こと式内社ということであれば、水内の頣気神社二社に対抗できる論社はない。いっぽう、三代実録にはそのものズバリ池生神の名が記されている。だが、この池生神が頣気神社を指すのかといえば、こちらも確証がないのである。

そこで、三代実録記載式外社池生神の候補を挙げて検証する必要が出てくる。なぜというに、県内には少なからぬ「池生神社」が存在するからである。

まず、富士見町池袋(いけのふくろ)地域の鎮守社である池生神社は、ロケーション的に非常に興味をそそられる存在だ。中央アルプスと八ヶ岳の絶景に挟まれた、広く深い渓谷の山際高台に位置し、境内地には湧水からなる池を抱えている(山側の鉄道工事の際に湧水が枯れたといい、現在、池は消滅している)。加えて、縄文呪術の首都(魔都?)ともいえる、かの井戸尻遺跡群に隣接している。祭神は池生神。鎌倉時代の刀剣を宝物とし古社の趣も十分。平安時代起源との伝承もあるというが、これはおそらく三代実録の記述そのものが根拠だろう。
そうした先入観をいっさい取り払って状況だけ見れば、一見江戸の開拓村の鎮守を思わせる風情もある。が、池袋は室町時代の検地書(この時点では甲斐でなく諏訪に属している)に登場する古郷でもあり、なんといっても周囲の豊か過ぎる縄文文化……上古以前にまで遡る神社である可能性は十分にある。

なお、生まれも育ちも当地の人間であり、藤森栄一の直弟子にして初代井戸尻考古館長である武藤雄六氏が、ここの池生神社は麻績氏(信濃においては、安曇族及び善光寺と縁が深い)と関係している旨の発言をしていると口伝えに聞いた。この件もおいおい追跡していかなければならないだろう。

いっぽう、美林で知られる塩尻市本山宿の池生神社もやはり湧水信仰と池を伴うが、こちらは豊玉比売を祀っている。あまりにもメジャーな神であり、また海神の娘ではあっても水神としての神格はさほど濃くないので、上書きされた後付けの祭神名と考えたくなる。が、場所柄、安曇族との関連があってもまったくおかしくはないので、当初は池生神と豊玉比売が相殿していた(安曇系の神社と池生神社が合祀された?)が、次第に池生神の存在が無名ゆえ忘れ去られてしまった……といった推測が妥当であろうか。塩尻の図書館にでもいき、追って調べることとしたい。

長野市長池、上田市小島にもそれぞれ池生神社があるが、詳細未確認。
確認、もしくは訪問次第、また別に項目を起こしたい。
なお、上田市の池生神社は、地図上で確認すると直近に池が見られる(ただ、東信地方は溜池の非常に多いところで、付近にはその他にも無数の池がある)。
長野市のほうも、「長池」という地名がかつて池があったであろうことを想像させ、付近には「長池神社」と「長池水原(みなもと)神社」もある。ここは諏訪社に奉仕した記録のある地域で、長池郷が南北に分裂した際に産土社もふたつに分けられたらしい。「水原(みなもと)」の名は湧水のあったことを端的に示しているし、長池神社のほうは祭神が建御名方になっている。さらに、長池神社近辺の字名に「若宮」とあるのも気にかかるところだ。

天龍村には「池大神社」がある。湯立神事と諏訪系の古神楽「霜月祭」で知られる一連の古社だが、祭神が埴山姫命(基本的に粘土の神)であること以外、未詳。あまり関連は感じられない。県外でも池大神社の名を持つ神社は散見されるが、とりあえず「いけ・だいじんじゃ」と読む社に関しては無関係と見ていいだろう(天龍村の池大神社をなんと読むのかは、未確認)。

現状で確認できている池生神社と頣気神社は以上だが、ここまで見てきてとりあえずいえるのは、池生神は、水神の中でも特に湧水と池に縁の深い神であろう、ということである。もっとも、あまりにも字面通りなところに不安を感じないでもなく、まず池信仰ありきで、後世に池生神社の名を持ってきた可能性もある。
ただ、頣気神社二社だけが立地的に例外であることははっきりしていて、こちらは水神は水神でも、おそらく氾濫鎮めの神である。

ここ東国の山奥では、古社の多くが山際に建っている。流失の恐れのある氾濫原に信仰の拠り所を築くようなことは、基本的にしなかった。ゆえに開けた平地に祀られている神社は新しいものである可能性が高いのだが、ただ……これは私見だが、氾濫沈めの神だけは例外だと思われる。むしろ流失の危険がもっとも高いような場所に、願いを込めて祀られたと思われる古社があちこちに散見されるのだ。
川筋というものは近代に至るまで激しく変化している点に注意が必要だが、千曲川の蛇行箇所を両側から抑えるように祀られた頣気神社など、典型例といえるだろう。
具体例としてもうひとつ、現・千曲市の、千曲川が大きく曲がる箇所の外側、川沿いに鎮座する式内社、武水別神社を挙げておこう。この神社には、実際、流失再建記録が残されている。式内社、それも「名神大」の社格を持つほどの古社がそんな不安定な場所に鎮座し続けているからには、相応の根拠を考えるべきではないだろうか。

余談だが、話題沸騰の柳沢遺跡も、位置的に見て氾濫鎮めの祭祀ではないかと私は妄想している。川の流れに向けて銅戈を埋めるなど、風切り鎌の風習に通じるものを感じるではないか。

湧水信仰、氾濫鎮め、どちらが池生神の本質かという結論は出せないが、とりあえず、頣気神社二社とその他の池生神社の祭神は、本来別の神と見るのが妥当なように思う。
長野県内の諏訪系神社に関しては、諏訪が勢力を増した中世に、派遣された諏訪系の施政者が無理矢理諏訪神を祀ったケースが多数あるので、その点を加味して検討しなければならない。

池生神社、頣気神社以外にも、まだまだ気になる件がいくつもある。

松本の「槻井泉神社」は、現状、ごく小さな社殿のみで社域もささやかなものだが、9世紀後半の創設伝承を持つ古社である。美津波廼女命(ミズハノメ=罔象女神)、御井神といういずれも水に縁の深い二柱を主に祀っているが、もう一柱に関しては文献によって異説があるようで、鳴雷神(イザナミの遺骸から生じた八雷神の一柱)とも、「諏訪神子神」ともいわれる。鳴雷神に関しても諏訪との縁を疑うべき線がないでもないのだが、それ以上に、この「神子(みこ)」が池生神である可能性は高そうだ。
なぜというに、上社の古祭政において極めて重要な位置を占める湧水の宮「葛井神社」の主祭神が、「槻井泉神/つきいずみのかみ」とされているからである。
ともにケヤキ(槻)の古木を御神木とする湧水信仰の宮であり、なおかつ隣接する文化圏で同じ名を冠する以上、そこになんらかの関係、連絡があることに疑いの余地はない。具体的なことはなにひとつわからないが、ともかく、松本の槻井泉神社には諏訪信仰との縁があるのである。
であれば、松本槻井泉神社に祀られている(かもしれない)神子神が池生神である可能性を考えるとともに、槻井泉神が池生神の別名である可能性にも考えを至らせる必要が出てくる。

「槻井泉神」も三代実録に登場する由緒正しい神だが、現存する神社への比定は非常に難しい。存在感と古さで他を圧倒する葛井神社ではあるが、その祭神を槻井泉神とするのは、「一云」との但し書き付きの近世文献を根拠としているようで、あまり信用できない。
いっぽう、専任の神官が「九頭井太夫」を標榜してきたことから見ても、水神としての九頭龍信仰が習合していることは間違いないのだが、諏訪の信仰史から常識的に考えて、この習合がおこなわれたのはおそらく中世、どれだけ遡っても平安中期までだろう。縄文臭漂う上社祭政の要地として、原始の湧水信仰の形を色濃く残す葛井神社本来の祭神が九頭龍神であるとは、まったく考えられない。

上社祭政で重視される摂社末社は、「(上中下)十三所」という表現の下に列せられる。
葛井神社は、その中でももっとも古く重視されてきた上十三所に数えられる。しかし、十三所というのは御子神十三柱のように神を祀っているのではなく、あくまでも「所」を祀っているのである。これはもう、まったくもって古神道の正統的なあり方であって、視野狭窄に陥った知恵足らずの明治政府神祇庁に各宮の祭神を誰何されるまで、それぞれの宮の祭神名を定めようという発想すらなかった、というのが本当のところではないかと思う。十三所に列せられる三十九の宮の中には、「祭神不詳」とされているものがいくつもあるのだ。

ありがたくも知遇を得ている縄文図像と御室神事の専門家TM師は、葛井池のほとりでこんなことをいっていた。
「ここは地下で通底すると考えられていた水脈・龍脈の露頭のひとつです。神事をするときにだけ”宮”になるのであって、もともと社殿なんかなかったんです。それが諏訪の信仰形態の根本です」

というわけで、自分で仮説を出しておいてなんだが、私自身は、池生神=槻井泉神という仮説にも、葛井神社を三代実録記載社とする説にも懐疑的である。ただ、どこかで混じった可能性はまったく否定できないし、論社の比定にも興味はある。ゆえに、もう少しだけ槻井泉神を追っておこうと思う。

槻井泉の名を冠する神社を、県内にもう二社見出すことができる(今のところは)。

ひとつは長野市石渡の槻井泉神社で、こちらはまったくの未詳。ただでさえ水内は諏訪と縁が深いわけだが、この宮の北側にはいくつもの諏訪神社が点在し、南は1km余の至近距離に長池の池生神社が鎮座している。諏訪信仰の地盤の中で祀られた神社である疑いは非常に濃い。
今はこれ以上なにもいえないが、遠からず、長野市周辺のいくつかの神社を踏査するツアーを組みたいものである。

もうひとつは塩尻市洗馬の槻井泉神社なのだが……ここでひと息入れて、現地踏査レポートを差し挟むことにしよう。
いちおうあらかじめ断っておくが、別に重要な神社だからというわけではなく、あくまでも気分転換である。

(100807:一部修正)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。