スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御子神十三柱の覚書 その3

妻科比売命(前編)

えー、どんどんハードに、どんどんディープになっていきます。
完全に諏訪信仰マニア限定な内容です。
すんません。

 * * * * * *

諏訪信仰と極めて密接な関係を持つ善光寺で、古くから「善光寺三鎮守」と呼ばれ重視されてきた三つの諏訪社のうちのひとつが、式内社「妻科神社」である。
現在の祭神は八坂刀売命とされているが、かつては妻科比売命を祭神としていたことが記録上はっきりしている。

祭神が八坂刀売になってしまったのは、おそらく「妻」の字に引っ張られた後付けの解釈であろうと思われる。また、本田善光の妻を祀るとする伝承もあるが、これも同様の経緯で生成されたのだろう。
ただ、善光寺本堂に秘仏本尊と並んで安置されている「三卿」に対し、この「三鎮守」を、さらには「建御名方、八坂刀売、健御名方富彦神別」の三柱を対応させる祀り方については、どこまで古いのか新しいのか判然としない。
(※三卿:善光寺開祖と伝わる本田善光に、その妻と息子を合わせた3人)

たとえば三鎮守の一角である湯福神社境内には、かつて宝塚と呼ばれた古墳(考古学的に検証されているのかどうかは未確認)があり、大正期の造成で人骨が発見されたという。現在、石室材と思われる大岩を磐座とし「本田善光廟」として真新しいお堂に祀っている。
上書きが古層の見解をねじ曲げている場合、むしろ古層の発掘はたやすい。だが、古層の見解と同じ立場から近世以降の恣意的な上書きがなされている場合、古層の発掘がかえって難しくなってしまう。
三卿を三鎮守に当てはめようとする志向性が古くからあったことは間違いないと思うのだが、それがどれだけ恣意的なものだったのか、それとも根源的なものなのか、まったくわからないのである。

そんなわけで、善光寺開基の時代を知る術がない以上、「本田善光の妻=妻科比売」であったという飛躍した想定も、まっこうから否定することはできない。同様に、本田善光という伝説上の人物が、初期の国造一族、もしくは彦神別命や他の地主神等と重なり合う可能性もないとはいえないだろう。
参考程度に付け加えておくと、科野国造一族は「百済に渡り、百済滅亡時に帰国してきた一族である」との伝承があり、また、百済からやってきた一団のリーダーの名が「善光王」であったという話もある。さらに、善光寺開祖伝説を持ち、なおかつ八坂刀売との繋がりの痕跡が見られる麻績氏、その麻績氏にかかわる多くの伝承も加味しながら検証していかなければならない。
(※麻績氏系の開祖伝説では、本田善光に当たる人物は「若麻績東人/わかおみ・あずまんど」とされる)
そこから先は、もはや本格的な善光寺研究の範疇になってしまう。善光寺と諏訪のかかわりについては本気で追ってみたい気が十二分にあるのだが、一朝一夕でどうにかなるようなテーマではない。この続きは、ひとまず保留とさせていただく。

が、善光寺をひとまず置いても、まだ検討材料は十二分に残されている。

妻科神社には「建御名方命」と「彦神別命」が配祀されているのだが、これは「建御名方彦神別命」一柱を読み違えて二柱に分断してしまったという見方が一般的で、私もまったく異論はない。いうまでもなく、諏訪でいう建御名方彦神別命(→当blogの既出記事)に当たるわけだが、ここに大きな齟齬がある。
御子神十三柱というカテゴリーの中では、妻科比売命と建御名方彦神別命は当然のごとく兄妹神ということになるわけだが、当地の伝承では、「妻科神社の祭神である八坂刀売命」は、健御名方富命彦神別神社(現・長野市城山)の祭神(すなわち、健御名方富彦神別命)の妻である、ということになっている。

(ややこしくて申し訳ない。単に神名がややこしいせいだと思うのだが)

ここに見る混乱は、単純に祭神の置き換えというだけの問題ではなく、たとえば美保神社おける事代主と三穂津姫の関係のように、親神の妃神なのか御子神の妃神なのか、判然としなくなってしまっている状況なのである。

ちなみに、当地では妻科神社を「つまなし神社」ともいうらしい(古文献には「妻成」表記も見られる)。夫神がせっかく近くに鎮座しているのに単独で祀られているから、という話らしいが、じっさいにはちゃんと旦那が配祀されているのだから首を傾げてしまう。まあ、そう遠くない昔に「お一人ではおかわいそうだから」みたいなことがあったのであろう。

まだ調べが十分でないのだが、とりあえず国史の上からは、妻科神社の祭神が八坂刀売に変わったのは、もっとも早くて平安時代後期(三代実録以降)ということになる。じっさい結構な時間が経っているらしく、かように祭神を八坂刀売とする前提での伝承はあっても、「八坂刀売とは別神としての妻科比売」の神格を窺わせる伝承を見出すことはできない。
水内においては、「建御名方命/八坂刀売命」という夫婦神と、「健御名方富彦神別命/妻科比売命」という夫婦神が、そのままデュアルに重なり合っているのだ。
と同時に、それこそ、いつのころからの話かはまったくわからないのだが、

水内において、健御名方富彦神別命と建御名方命は同一視されていた。

という事実に注目しなければならない。
とはいえ、神名の類似から後世に混同され、妻の字に引っ張られて八坂刀売が連れてこられた……と、これが常識的な読み解き方というものであろう。
だが、金刺にとっては水内が旧地なのであって、諏訪はあくまでも新たな進出地なのだ。そして、建御名方はいざ知らず、彦神別の真地が水内であることには、文献的にも、状況的にも疑いの余地がない。加えて、彦神別という神は、諏訪において単独で祀られている例が認められない(十三柱の中の抽象的な存在として以外には、むしろその存在が認知されていないといっていい)。
ならば、こと彦神別という神に関しては、あくまでも水内中心に考えるべきなのである。
だからここでは、諏訪中心にバイアスがかかった考え方を極力排除して検討しなければならないだろう。「逆の可能性」を黙殺すべきではないのだ。
つまり、「水内において同一視されていた」のではなく、

健御名方富彦神別命と建御名方命は、本来同神だったのではないか?

という疑問についても、その可能性をきちんと追うべきなのである。
であれば、妻科比売と八坂刀売についても、単純に「妻」の語に引っ張られたというだけではなく、この地には同一視するだけの根拠があったのかもしれない。

(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

長野と諏訪の関係

湖東村史 上巻をご覧ください。長野と諏訪の関係に参考になるかと思います。

湖東ですか!

ご教示ありがとうございます。
なるほど『湖東村史』は未見でした。意外な方向から善光寺へ・・・どなたか辣腕の郷土史家の方でも書かれてらっしゃるのでしょうか。
楽しみです!

遅ればせながら・・・

拝読いたしました。
なんと、伊藤冨雄が書いてたんですね・・・
彼と宮地博士との共同研究は、諏訪信仰研究史の金字塔ですし、大尊敬する大先達です。
が・・・この書における水内と諏訪との関係性の解釈は、さすがに相当古びてしまっているように思われました。諏訪と水内の間には、もっともっと、とてつもなく複雑な事情が山積されているのです・・・
プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。