スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御子神十三柱の覚書 その2

出早雄命

十三柱の中で、おそらく、もっともよく知られた神であろう。この神の名を冠した社が、県内中心にぼちぼち見受けられるのである。
父神を助け、信濃の平定開拓に力をつくした等々の伝承を持ち、また、「出」を「伊豆」と表記したり、「出雲」に通ずること等から、太平洋ラインで天竜川から入諏した南方海人族系や出雲族の象徴として捉える解釈もよく見かける。健御名方とイコール、もしくは名代的な解釈をする説もあるようだ。

また、長野市にある「会津比売神社」に祀られる「会津比売命」と、諏訪の真志野郷にある「蓼宮神社」の「草奈井比売命」は、ともに出早雄命の御子神であるとの伝承を持つ(いずれも、他の神社では見られない生粋の地主神である)。中でも会津比売命は、初代科野国造建五百建命の妻であるとする伝承があり、出早雄命の出自と年代を考証する上で非常に興味深い存在である。独自の項目を立てたいくらいだが……ひとまず、十三柱中の他の神の項目でまた触れる機会もあろうかと思う。
ちなみに「会津比売命」の「会津」だが、われわれは条件反射的に「あいづ」と読んでしまう。しかし出早雄の娘であるという前提で見るならば、「えづ」と読むのが正しいのかもしれない。

ともあれ、出早雄命には妻もいれば子もいるというわけで、健御名方彦神別命とは対照的に、かなり人格神としての色合いが濃い神である。もちろん、健御名方彦神別命と出早雄命が異名同神という可能性もあるだろう。

さてここからが本題だが、三代実録の信濃の項に「出速雄命」の名がある。小祠は別として、この神の名を社名に掲げる神社は、現状私が確認できている範囲内で、県内に4社ある(100712訂正:5社)(100810追記:社名には掲げていないが主祭神とする長野市「社子神社/しゃごじんじゃ」を入れて6社)。
三代実録の指す神社を特定することはできないが、やはり諏訪盆地の北端にある諏訪大社摂社の「出早雄小萩神社」が最有力候補だろうか。

出早雄小萩神社拝殿
出早雄小萩神社 拝殿

諏訪盆地湖北の平地の過半分(現状、岡谷市街の大半)を占める広大な横河川扇状地の咽元、かつてはそこに「出早雄神社」として一柱で祀られていた。現在は同じ御子神の興岐萩命と合祀され出早雄小萩神社と号しているが、この合祀は戦後高度成長期の乱開発によるものである。出早雄神社から1キロほど降った扇状地の中ほど、下社の境外摂社の中でも格別に重んじられた古社、「小萩神社」が健っていたのだが、宅地造成のため鎮守の森ごと完全に取り払われてしまったのだ。振り返ってみれば、恐ろしいほどに民度・文化度の低い時代であった。……まあ、国家神道の反動で神道が必要以上に敬遠、軽視されていたという背景もあるのだろう。

この出早雄小萩神社、地勢的に見れば非常に重要かつ印象的な場所に鎮座しており、規模も相当に大きいのだが、ただ、境内とその周辺に古代の匂いがあまりにも希薄なのが少々気にかかるところではある。
もっとも、社地周辺には縄文時代の遺跡が複数発見されている。横河川扇状地がおおむね洪水野だったとしても、上部における地盤の安定はかなり早かったのだろう。また、ここの「上向遺跡」から横河川産の石材を用いた玉類が多く発見されていること、さらに東側数百メートルの山沿いにある高台には、特殊な敷石住居址で知られる縄文の大集落、梨久保遺跡があること、さらにその間を結ぶ山際に古墳群が見られること等から、古代における祭祀エリアとしての説得力は十二分にある。

川べりの古代祭祀址の場合、その上流も注視しておく必要があるだろう。
横河川の川筋上流には、キャンプ的な縄文~弥生の小遺跡が複数発見されている。有史以前は下社側においても当然狩猟生活を営んでいたであろうという証左でもあるが、石材採取行の痕跡とも解釈できる。また、その水源たる鉢伏山は、塩尻峠を越した安曇野側では強力な霊山として、また水分信仰の聖地として重視されてきた。ところが、鉢伏山が諏訪側で信仰された痕跡は、どうしたことかまったくといっていいほど見当たらないのである。これも大いに引っかかるところだ。

とはいえ、記録や伝承から見て、どんなに遅くとも中世までには鎮座していた古社と見てよさそうである。それどころか三代実録の指す「出速雄命」をこの宮だとするのなら、9世紀初頭にはすでに存在していたことになるのだが……どうも他の諏訪の古社のようにはピンとこない。重ね重ね非論理的で申し訳ないが、とにかく「雰囲気がない」のである。手付かずの社叢はカタクリや紅葉の名所としても知られる明るく美しい森で、市の天然記念物にも指定されているのだが、ただ、風格のある古木大木が見当たらない。
思うに、中近世の大洪水(中世、横河川の川筋が変わってしまうほどの大洪水のあったことが、しっかり記録に残っている)できれいさっぱり流され、地形すら変わってしまった後に再興したものかもしれない。

出早雄小萩神社舞屋
出早雄小萩神社舞屋
参堂から舞屋を遠望。この舞屋は旧小萩神社より移築したものだそうな。

いっぽう上社では、本宮の表参道の鳥居のすぐ脇に、他の摂社と並ぶでもなく、また、摂社としては格別な位置取りと規模をもって「出早社」が祀られている。上社側の認識としても、御子神の中で別格扱いの神なのである。しかもその祀られ方は、門番神、客人神としてのアラハバキの祀られ方を直接的に想起させるものだ。
ひょっとしたら、アラハバキ~長髄彦~手長足長という極めて心もとない微かなトレースラインの延長線上に、この神の名を並べることができるのかもしれない。そう仮定した場合、出早雄は健御名方へと上書きされてしまった古層の神、すなわち本来の諏訪神である可能性すら出てくるのだが……とりあえず、予断は禁物。

ただ、ひとつ考えられる妥当な案として、(今でいう)本宮の本来の祭神だったのではないか、という仮説がある。古層では前宮の場所が上社の真地であり、本宮が後から整備されたという論に異説はない。が、だからといって、それまで本宮の場所になにもなかったのかといえば、到底そうは思えない。硯石の参拝ラインがあるし、禁足地もあるし、本宮の北側(前宮とは反対側)山中には、諏訪としては極初期に属する片山古墳が遺されているのだ。
本宮の鎮座地は急斜面と尾根筋に囲まれた日当たりの悪い場所で、古い時代に人が住んでいたとはちょっと考えられない。初詣に行ったことのある人ならよくわかると思うが、冬季のこの場所はとてつもなく寒く、午後2時にもなれば日が翳ってしまうのである。逆にいえば、そんな場所に社殿を築いただけの理由は必ずあったはずだ。

ここで他の論社にも目を向けてみよう。現状で確認できているのは、以下の3社だ。

・上田真田町「出早雄神社」
・上田鼠宿「会地早雄神社」
・松代皆神山「熊野伊豆速雄神社」

真田町の出早雄神社は、明治に入ってから出早雄を号し、それ以前は「出配神社」という水神信仰の宮だったという。確かに、神社の社名や祭神は明治政府がデタラメに引っ掻き回してくれたのだが、盗人にも一分の理というか、国学なり古文献なり、それなりの根拠をもって合併、改変に臨んでいたことは確かである。ゆえに、古層でもやっぱり出早雄神社だった可能性はある。が、あわよくば三代実録記載式外社に見られたい、というアピールだった疑いもやはり濃いので、まあ検討材料からはひとまず外しておきたい。

以下二つの神社に関しては、ともに熊野信仰絡みで祀られている。中世以降、修験による習合がおこなわれたものと考えられる。習合の根拠は不明だが、とりあえず、熊野神「速玉男」との神名の類似が大きいだろう。天台系修験か、それとも吉田神道あたりの枝葉末節を探れば、なんらかの具体的な情報が出てくるかもしれない。
ただ、西からやってきた神であるとする説も故ないことではなく、速玉男と同神または縁故の神という可能性もゼロとまではいえないだろう。

鼠宿の会地早雄神社もそれなりの風格を備えているようだが、松代の「熊野伊豆速雄神社」のほうが、三代実録記載式外社としての説得力は数歩勝る。古代信濃国造一族の拠点に近いということ、そして神奈備山として極めて印象的な皆神山の山頂に鎮座すること等から、岡谷の出早雄小萩神社と式外社を論ずるに足る存在といえよう。ただ、「あの」皆神山の山頂に鎮座するがゆえ、例のピラミッド騒動に巻き込まれてしまい、電波系の情報とかトンデモ系の話題とかのノイズが極めて多く、どうにも実体に迫れない。地元の古伝承でもなにかあれば参考になるのだが……これは今後の課題としておきたい。

とりあえず、熊野との習合の件から手の届く範囲で推察できるのは、諏訪において現在熊野神社とされている宮が、本来出早雄命を祀っていた可能性がある、ということだ。なぜというに、この地方では江戸後期から昭和初期に至るまで、大いに修験道が隆盛したからである。
今後ひとつひとつ訪ね歩いてみたいと思っているが、特に、下諏訪町「東山田」地区(旧岡谷市)の産土社である熊野神社は、氏子の素性と立地から(下社春宮の最古にしてもっとも密接な奉祭者たち)その疑いが非常に濃い。旧「西山田」地区の産土社である先述の出早雄小萩神社との関係が大いに気になるところだ。

さらに……まだまったく調査が進んでいないのだが、県外にも多少気になる祭神が見受けられる。

猿田彦を主祭神として祀る三重は松阪の式内社、阿射加神社には、かつて荒ぶる先住神であったと伝えられる「伊豆速布留神(いずはやぶるのかみ)」が、また、健御名方の旧地ともいわれる阿波に鎮座する式内社、天村雲神社には「伊自波夜比売命(いじはやひめのみこと)」が祀られている。
いずれもはっきりとした関連を見出すことはできないが、無視することもできまい。

伊豆速布留については、現状なにも語れることがない。猿田彦の宮という部分は引っかからなくもないが、実は諏訪古族からはあまり山人の匂いがしてこない(性質は山人でも、まったくの独立系という意味で)。ミシャグジと猿田彦の習合はさほど古層のこととも思われず、まして阿射加神社は三重に鎮座するということで、両者を繋ぐ糸を見つけるのはなかなかに難しそうだ。

伊自波夜比売に関しては、中世の時点ですでに出早雄命の御子神説が語られており、またそれゆえにか、会津比売命と同神ともいわれるようなのだが……これも確かなことはまったくわからない。阿波には「諏訪」があったり、「名方」群に式内社の「多祁御奈刀弥(たけみなとみ)神社」があったりして非常にややこしいので、まあろくに知らない段階であれこれいうのは控えておきたい。

(出早雄命・了)

■100712追記■
・高森町に「出早神社」あり。詳細未確認。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。