スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御子神十三柱の覚書 その1

建御名方彦神別命

この神の人格神的な性質を覗わせる伝承や文書の存在を、私は知らない。
長兄とされる御子神だが、どう見てもこの神名は一般名詞である。「別(ワケ)」は古代の人名の末尾として一般的ではあるが、「彦神別」という順序だと、むしろ分祀もしくは支族であることを示すように思われる。そして「彦」は、そのまんま息子(御子神)を意味するので、ごくおおざっぱに概観すると、「建御名方の神格を引き継ぐ御子神」くらいの意味であろう。

この神名を戴くもっとも重要な神社は、長野市、善光寺の東に並ぶ城山に鎮座する「健御名方富命彦神別神社」である。式内社だが、雪深い飯山市と信州新町にそれぞれ同名の論社がある。「富」の一字が入るのが諏訪における御子神の名と違うところだが、延喜式にある「南方刀美」や「健御名方富命」は一般的に健御名方の別名と理解されているので、この誤差は大きな問題ではないだろう。
また、「健御名方富命彦神別神社」という表記における「命」と「別」の位置関係から考えられるのは、「健御名方富命の、彦神が、分かれた神社」という読み方で、だとすれば、現在諏訪大社でいわれる「建御名方彦神別命」という神名は、この神社の社名から引っ張られて余計な「別」を混入させてしまっているのではないかとも考えられる。つまり、ごくごく単純に「建御名方命の御子神」というのが本義と見てよいのではなかろうか。

hiko_haiden
健御名方富命彦神別神社(長野市)
諏訪造りっぽいけどちょっと違うかなという微妙な作りの拝殿

ところで、この長野市に現存する健御名方富彦神別神社は、持統天皇による風鎮の勅令で知られる「水内の神」に比定されるいっぽうで、現在地への鎮座が極めて新しい(明治の神仏分離による)こともはっきりしている。その前身は、善光寺の後戸神として祀られていた「年神堂」であるらしい。また、善光寺の創立前から、現在善光寺の建つ地には金刺氏の祀る宮があった、という伝承もある。

日本書紀にいう「水内の神」を善光寺年神堂(のちの健御名方富彦神別神社)に比定する根拠のひとつとして、諏訪神社のバイブル『諏方大明神画詞』の記述が引き合いに出されることが多い。

「本国水内の郡善光寺別社の事 日本記(日本書紀)第三十には 持統天皇五年勅使を遣して諏方水内(の)神等を祭ると見えたり 又延喜神祇式には諏方郡南方刀美神社二座 水内群健御名方田富彦神別神社と云えり 当社の分座疑なし 是れ則ち当郡善光寺郭内の当社なり」(今井広亀著の読み下し本による)

というのがそれで、続けて善光寺の「当社」における神事の描写が少々続いているのだが、ここには大きな問題がある。まず第一に、『画詞』はあくまでも室町時代初期における諏訪神社側の見解であり、水内側当事者の公式見解ではないのである。しかも当該記事は「当社の分座疑いなし」という表現をしている。つまりこれは著者小坂円忠の主観でしかないのだ。少なくとも彼は、なぜその「分座」が善光寺にあるのか、善光寺と諏訪社にはどういう縁があるのか、この表現を見る限り、まったく知らずに書いていたものと考えられる(少しでも知っていてくれたなら、神仏習合&諏訪信仰マニアとしてどんなにかありがたかったろう!)。
円忠は上社方の人間なので、『画詞』は完全に上社側に軸足を置いて書かれている。だが、善光寺と深い縁で結ばれているのは下社のほうなのである。要は、「善光寺郭内の当社」という貴重な歴史的証言を除けば、日本書紀と延喜式という公式古文献のみを頼りに語っている点で、現代の神社マニアが式内論社を検討しているのとさほど変わらない内容なのだ(まあ極論だが)。いかな「バイブル」とはいえ、鵜呑みにするわけにはいかないだろう。

加えていえば、現在の健御名方富彦神別神社は、明治の遷座の際、式内論社としてのアピールのため必要以上に立派に築造した気配が濃厚である(時代背景から見れば、むしろそれが当然)。持統天皇の勅があった7世紀末……これは非常に微妙な時期ではあるが、善光寺はすでに存在していた可能性が高い。その時点で大寺の風格を備えていたとは到底思えないが、それにしても、往時の年神堂(の前身)は今に見る寺院内の鎮守社のような小祠であった可能性が高いわけだ。当時、社殿の大小が中世以降のようには意味をもっていなかったにしても、果たして式内の名神大社にふさわしい宮だったのかどうか……少々疑問に感じざるをえない。

それでも、善光寺境内に古くから諏訪神が巣食っていたという点だけはそれこそ疑いの余地がないし、後戸神のように諏訪神が祀られていたという状況も非常に興味深い(まあ、後戸に配したのは後の天台宗徒なのだろうが)。また、伝承通り、それが善光寺以前の金刺氏奉斎神社の後身であったとするならば、当時の金刺氏の権勢からいって式内社とされてもまったく不自然ではない。ただその場合、7世紀末においては健御名方富彦神別神社が主であり、善光寺が従であったという神宮寺のごとき状況を想定する必要がある。なにしろ本地垂迹以前のしかも東国、現代からは想像もできないような神仏混交状態がそこにあった可能性だってあるのだ。
(→式内社指定についての参考資料
しかしながら、このあたりの問題はあまりにも深く、果てしがない。また、当ブログのメインテーマど真ん中でもあるので、ここではこれ以上深入りせず、機会を改めることとさせていただきたい。

さて、以上総合的に見てくると、他の二論社も決して軽視できない存在であることはおわかりいただけるかと思う。特に飯山の健御名方富彦神別神社は、「庭津女命、知奴命、沙南豆良姫命、麻背命、八須良雄命、武彦根命」と、耳慣れない(おそらく)地主神ばかりがずらりと配祀されている点が大いに気にかかる(祭神は「玄松子の記憶」による。正規には未確認)。ただ、麻背命についてだけは十分すぎる手がかりがあって、これは金刺氏系図のごく序盤に登場する科野国造、金刺舎人麻背その人であろう。
この点だけ見れば、飯山の健御名方富彦神別神社は式内論社として非常に優位に立つ。と同時に、健御名方富彦神別命の正体は、麻背もしくは初期の科野国造なのではないか、もっといえば初代国造とされる建五百建命ですらありうるのではないか……と、これは妄想の域になってしまうが、それにしても、他所の国造がしばしば古社の祭神とされいるのに対して、建五百建を祭神とする信濃の神社が極めて少ない点から、十分に可能性のある妄想なのではないかと思う。いうまでもないが、その場合「健御名方富彦神別命」の名は、諏訪勢力が権勢を増した後世に御子神に組み込む形で上書きされた神名、という解釈になる。諏訪神社はその手の操作が大得意なのだ。

いずれにしても、水内なり松代なりに、信濃国造一族が奉祭した相当に大物の神が絶対にいたはずなのである。そして、金刺氏と他田氏ののちの繁栄ぶりを見れば、その神が現代にまったく痕跡を留めていないということは、まず考えられない。その神はどの神なのか……もちろん結論は出ないのだが、健御名方富彦神別命を候補のひとつとすることに大きな問題はないのではないだろうか。
いや、もちろん、建御名方そのものと考えるほうがより率直ではある。ただ……奈良時代までの金刺氏からは、どうも建御名方を貶めようとする意図が感じられるのである。その点についてはまた機会があれば別項で詳しく触れてみたいが、今のところは「古事記の件」だけを例として挙げておこう(→詳細は「つづきを読む」で)。

謎は謎のままに残るが、とりあえず、この神名を筆頭に挙げることで諏訪神社は水内を最重視する姿勢を示していた、ということだけはいえそうだ。諏訪信仰の中心地として、諏訪神社が揺るぎない権威と求心力を獲得した後も、旧地に対する敬意を示し続けていた、ということなのではないだろうか。
といってもそれは金刺氏にとっての話で、守矢神長官以下、上社側の古族にとっては知ったことではないだろう。そもそも御子神十三柱という概念はどちらかといえば下社側中心の概念なのだ。上社の「十三所」のほうがより古層と土俗を感じさせる神秘的なラインナップなのだが、その内容は御子神十三柱とはまったく異質である。

諏訪社では上下問わず「十三」という数に格別の意味が持たされているようで、だとすれば、十三柱にせよ十三所(上中下で合計三十九所ある)にせよ、無理繰りに数合わせをしていることも大いに考えられる。
なにがいいたいのかというと、「健御名方彦神別命」のような一般名詞的神名は、他の確固たる神名を持つ神と重複している可能性もあるのではないか、ということである。
別に「健御名方彦神別命=建五百建命説」を蒸し返そうというのではない。おそらくこの問題は、十三柱を検証していく中で何度も直面することになるのではないかと思うのだ。

hiko_onbashira
健御名方富命彦神別神社(長野市)の御柱
諏訪人にしかわからないと思うが、これを初めて見たときには少なからぬカルチャーショックを受けた

(健御名方彦神別命・了)
「古事記の件」

文献典拠等々はくだくだしいので省くが、

・信濃国造一族は多氏の系統である
・『古事記』編纂者の太安万侶は多氏である
・諏訪の古墳~奈良時代に関する考古学的成果からは、『古事記』編纂時期の金刺氏は、諏訪の湖北に定着し、その影響力を広げつつも、上社の祭政システムには手が出せずにいる状態であったと考えられる(←ここだけはちょっとオレ説)
・信濃国造一族は公に「皇別」と認められていた
・欽明敏達の二代続けて舎人直姓を受けていることからも、中央との緊密な連絡があったことは明らか
・壬申の乱において、多氏系の指揮系統に従って金刺氏が兵馬を供出、武勲を上げていると考えられる(十分に定説)

以上の要素を踏まえて『古事記』の建御名方に関する記述を見るとき、どうなの?という話である。
少なくともタケミカヅチ(藤原氏)が諏訪平定に尽力したという根拠や痕跡は、まったくのゼロである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

付記

えー、「麻背命」についてですが。
長野県内には「馬脊神社」「馬背神社」というのがあって、そこに「馬背神」というのがいるみたいです。
字面のせいかどうかはわかりませんが、馬の守り神とされてます。

あー・・・。

んでも、科野の馬牧を拓いたのは、基本的に国造一族ですからね。あと大伴氏もやってますけど。
「科野」と称していた時代、ごく初期の国造がそこで活躍したであろうことは当然で。
だとすれば、同神とみなしても問題なくね?

ということで、お茶を濁しておきます。

さらに追記

下社の系図で、「馬背命」は、建御名方彦神別命の御子神とされているようです。
また、飯山市の健御名方富命彦神別神社に配祀された麻背命以外の謎の地神たちも、すべて同様に彦神別の御子神に列せられていました。
プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。