スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御子神十三柱の覚書(イントロダクション)

再度のごあいさつ、そして前フリ

再開宣言後、また沈黙。お恥ずかしい。
開き直った結果として、いきなりハードな内容での再開です。たぶん諏訪信仰マニアにしかついてこれません。
ごめんなさい。
でも、ま、以前のような、いや以前以上に軽いタッチのやつも随時差し挟んでいくつもり……そう、つもり、ではあります。

それと、最近は諏訪信仰研究ずっぷしなので、本来のテーマである怪しげ習合系のネタにはなかなか行かないかもしれません。その代わりといってはなんですが、気分次第で「ただの日記」も混入させていこうかなあ、とか思ってます。
……そう、思っては、います。

では、はじまり。

********************************

神社の祭神というものは、ときどきの権力者の個人的願望や事情によって、いとも簡単にすり替わってしまう儚いものである。式内論社ともなれば、神官たちは本来の祭神を曲げてまで「本家」を称したがり、そのためには伝承の捏造すら厭わなかった。
もちろん、すべての責任を権力者や祭祀者たちに押し付けるのはフェアではない。流行や、掲げられる霊験の内容によって、庶民からの人気も乱高下を示す。信仰する側にとっても、知らない神よりは知っている神のほうがいいに決まっている。まして現世利益を期待する貧しき庶民は、どこまでいっても「寄らば大樹の陰」である。いかに古い歴史を持つ地主神でも、土着民にその名を忘れられ、中央の有名神の人気に負けてしまった時点で、すでに死んだも同然なのである。

そうした歴史を潜り抜け、なんとか生き延びてきた地方神も、近代に至って決定的なダメージを受ける。明治政府の神社合祀政策は、(結果的にではあるが)ひとことでいうと「地方神・無名神を対象としたジェノサイド」に他ならなかった。記紀の神々をエリートとして選別した実情を加味すれば、「神道界のアウシュビッツ」とすら表現できるだろう。
明治政府は列強に対抗する必要から、「戦争に強くなる」という現世利益に特化し、神道という汎神教に一神教の方法論を適用、思うさまに改造したのである。
こと信仰という側面だけ見るならば、明治政府ほど愚劣な政府は日本史上類がない。モダンな支配体系と思想を伴うぶん、法敵としての邪悪さは信長の比ではなかった。仏教にとってはもちろんのこと、民俗信仰にとっても、そして……神道にとってさえ。

ゆえに、現代にその名を残す無名な地方神の存在は、非常に尊い。

有名神の分布や伝播の経過を調べることからは学術的な成果が大いに期待できるが、それはどちらかといえば表向きの教科書的な歴史の世界のこと。物質主義的、中央集権的なモダンの価値観が限界を顕わにしたこの時代、それは人々の興味の中心ではなくなりつつある。民俗学、信仰研究の側からのアプローチとしては、生き残った無名な祭神を探すことにこそ価値があるといえるだろう。プチ瀬織津姫ブームもその現れだろうし、現代に至って今井野菊の調査記録が再評価され、その内容がわれわれを惹きつけてやまぬ所以でもある。

そして……幸いなことに、ここ信仰のガラパゴスともいうべき諏訪の地には、少なからぬ土着神がいまだその息を永らえているのである。

……さて。

建御名方命の御子神十三柱とは、以下をいう。

・建御名方彦神別命(たけみなかたひこがみわけのみこと)
・出早雄命(いずはやおのみこと)
・妻科比売命(つましなひめのみこと)
・池生神(いけふのかみ)
・須波若彦神(すわわかひこのかみ)
・片倉辺命(かたくらべのみこと)
・蓼科神(たてしなのかみ)
・八杵命(やきねのみこと)
・内県神(うちあがたのかみ)
・外県神(とあがたのかみ)
・大県神(おあがたのかみ)
・意岐萩命(おきはぎのみこと)
・妻岐萩命(つまきはぎのみこと)

「それぞれ、どこの神社に祀られているでしょう?(若宮と十五社を除く)」という質問に対し、4つ以上答えられたら相当な諏訪信仰マニアといえるだろう。

諏訪に戻って以来、あちこちをうろついてみてつくづく痛感するのは、神社を取り巻く信仰というのはその中心部だけを見ていてもなにもわからない、ということだ。むしろ印象的なヒントは、周辺部や、忘れ去られたような片隅にこそ見つかるのである。

その意味で、「御子神十三柱」として今に語り継がれている十三柱の神々には、さまざまなヒントが隠されているように思う。まして、この建御名方の御子神というのは、その多くが建御名方入諏以前の先住神であるといわれているのだ。その伝承を信じるかどうかはともかくとしても、建前と権威に基づいて常に更新、上書きされてきた諏訪信仰の(表向きの)中枢部に対し、御子神を祀る辺境部にこそ古層の記憶がストレートに残されている可能性が高いのではないか。

そんな動機から、当面可能な範囲で、御子神十三柱の正体を追ってみた。無論、この内容は今後も更新され続けていくだろう。ゆえに、現状「覚書」なのである。

このシリーズでは特に、おそらく……今まで他に誰もいっていないこと(つまりデタラメの可能性があること)を多々口走ることになると思うので、引用元を示さない違法引用等はくれぐれも自重願いたい。ご自身の名誉のために。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。