スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小玉石を巡る冒険 その1

兒玉彦命と兒玉石神社

兒玉彦命。
奇妙な神である。
御子神十三柱に列せられる片倉辺命の御子神だが、守矢神長官家の系図では、その四代目を継いだともされる。その際に娶ったのは、やはり御子神十三柱に列せられることのある守達神の御子、美都多麻比売である。すなわち、この系譜を信ずるならば、諏訪古族守矢家の血筋は、極めて早い段階で建御名方系の血筋に丸ごと乗っ取られてしまったことになる。
もっとも、「乗っ取られた」と感じるのは、土着古族を尊ぶ我々現代人の感覚なのであって、当の守矢家がこの系図を大事に伝えてきた以上、彼ら自身の感覚としては、「我々は諏訪大神直系の子孫である」という主張のほうがよほど重要だったのだろう。
なんにしてもそこにあるのは血筋の正統性と権威の主張であって、いずれにしてもなかなかに生臭い話ではあるのだが……いっぽうでこの神は、磐座に宿る先史時代の自然神のような神格も備えているのだ。

建御名方の孫神とされる以上、御子神シリーズの範疇内で扱えるテーマなのだが、ここは独立したシリーズとして一項設けようと思う。
なぜというに、メインテーマは兒玉彦命というより、「小玉石」という名の呪物へと向かっていくからだ。

兒玉彦命と小玉石については、今までにも何回か断片的に記してきた。それらをひとつの流れの下にまとめ直すとともに、新たな情報や知見を加え、最後には……とんでもないことを言い出そうと思う。
バリバリの新説や「独自研究」が頻発すると思われるが、がんばって電波だけは出さないよう努めるので……ま、乞うご期待!ということで、ひとつよろしく願いたい。
特に諏訪信仰マニアの方には、ぜひとも検証をお願いしたいところである。

さて、まず最初に押さえるべきは、兒玉石神社のことである。
兒玉彦命の真地と考えられている神社で、諏訪市「湯の脇」の山際に鎮座している。
「湯の脇」という名の通り、すぐ近くの山裾からは、昔からいくつもの温泉が湧いていた。南隣の高台に位置する「温泉寺」は江戸時代の諏訪氏の菩提寺で、歴代藩主の廟所があったり、神仏分離で撤去された上社本宮の旧・御神体(お鉄塔)を引き取って祀っていたりする、近世諏訪信仰の要所である。
その背後山は茶臼山といい、旧石器時代の充実した遺跡群でよく知られる。
そこから南に連なる地は、先住民系の古社ともいわれる手長神社が鎮座している「手長丘」で、縄文遺跡はもちろんだが、古墳時代の遺跡が(古墳そのものも含めて)かなり多い。
もう少し南に行くと「清水ヶ丘」と呼ばれる扇状地で、扇状地末端はその名の通り湧水が豊富なため、伝統ある酒蔵が何軒も軒を連ねている。扇状地上部やその脇の台地上からは、縄文~弥生~古墳~平安にまで至る大遺跡が、豊富に発見されている。
いっぽう北側、反対隣は「大和/おわ」の里で、その鎮守社は、やはり先住神伝承を持つ先宮神社である(先宮神社に関しても、そのうち一項目立てることになるだろう)。
ざっとまとめていえば、この周辺は諏訪でも有数の古地と考えていい。

児玉石神社正面

これが兒玉石神社の正面。

児玉石群

境内には巨大な磐座がゴロゴロといくつも転がっている。特異な風景である。

拝殿と本殿はその磐座群の後方、一段高くなったところに建てられているので、この磐座が御神体という祀り方ではない。まずはそこが引っかかる。
とはいえ、現代の諏訪で「コダマ石」と言ったら、この磐座群のことでしかありえない。
最近異常に有名になった「諏訪の七石」にも「兒玉石」の名で列せられているので、昨日今日生まれた信仰/呼称ではないだろう。
ゆえに、「この兒玉石」あっての「兒玉石神社」と考えるのが自然なことではある。

児玉石神社イボ石
イボ石接写

拝殿下のとりわけ大きな磐座の側面には小さな穴が開いていて、そこにはいつも水が溜まっている。その水をつければイボが取れるという民間伝承があり、その岩に限っては「イボ石」とも呼ばれている。まあ……これはどこの神社にでもある、ありふれた伝承だ。

児玉石本殿背後

本殿背後にアパートが建っているのがちょっと残念な感じだが……。

児玉石神社本殿

自分で視認はしていないが、本殿の中には石棒、石皿、丸石の類が大量に集められているとのこと。つまり、御神体はそっちと見るべきだろう。

児玉石神社摂末社

境内摂末社も少なからずある。周辺各地区の産土神や、一族の氏神/祝殿の類か。
道祖神や、修験系の文字碑もズラリ。
これらは、近代以降に付近から集められたものかもしれない。
ただ、ひとつだけ、おかしなものがある。

児玉石不動

不動明王……?
いや、それはまあ、珍しくもない近世の習合の姿である。
しかし、不動明王の立つ岩のてっぺんに、神像が一体。

児玉石神像

まあ、古いものではない。明治まで遡れるかどうか、といった印象。
その脇に、名札ででもあるかのように、「第六天」の小さな文字碑。

児玉石第六天

これは……まったくの謎だ。
この神像が第六天の姿だとでもいうのだろうか?
第六天の具象像は全国的に見ても極めて少なく、盗難にあった鎌倉建長寺のものが知られていた程度である。それは一面二臂の憤怒形天部像で、この神像には似ても似つかない。
新しければ新しいほど建立の意図や背景に辿り着きやすいので、この物件は近世諏訪における第六天信仰の正体に迫る上で、非常に貴重な物件かもしれない。
……のだが、この脇道は深い深い藪に覆われているので、今は追わないこととする。

本題に戻ろう。

児玉石由緒書

由緒書きは神社明細帳から引かれたもので、そのままには受け取れない部分も多々あるとはいえ、非常にしっかりしている。
創建に関しては不明だが、文献上その存在が保証される時期としては、いくつかのテキストを摺りあわせてみるに、室町~江戸初期まで、解釈によっては鎌倉期まで遡れるようだ。
むろん、それ以上に古い「可能性」は十分にある。磐座信仰という古態を抱えているというだけでなく、なんといっても、諏訪信仰システムの中で重視されてきた古社(最重視された最古級の宮とは決していえないが)なのである。

由緒書きで引っかかる点がもうひとつ。
祭神として、兒玉彦命と並び、玉屋命が挙げられている点である。

玉屋命というのは、天孫降臨に同行した神の中の一柱。つまり最古級の天津神であり、かの皇室三種の神器のひとつとされる「八坂瓊曲玉」を作った神である。玉屋命は、この玉を通じて、アマテラスとスサノオの誓約、天の岩戸隠れなど、古事記の超有名部分に登場している。玉作部の祖神とされることからも、「玉造りの神」という、極めて明確かつ限定的な神格を持つ神と判断できるだろう。
ただ、その重要度と古さのわりに信仰があまねく行き渡っているとは言い難く、天孫セットで祀られている例はそれなりにあるようだが、単神、主祭神として祀られているのは、玉作部に関わるごく一部の神社だけのようである。特に、東国で祀られている例は極めて稀なのではないかと思う。

さて、兒玉石神社の玉屋命について、神社明細帳が出典だということは、この祭神が保証されるのは、最低限、明治初期の段階までということになる。
ここに玉屋命が出てくるのは、本論の展開上非常に魅力的なことではあるのだが……しかし、冷静に見て、これは後世の付会である可能性が高いように思える。
というのは、兒玉彦命の妃神が「美都多麻比売命」だからだ。
兒玉彦命の真地たる神社にその妃神がいるのは、ごく自然なことだ。いっぽう、諏訪の古社にマイナーな天津神がいるのはあまり自然なこととはいえない。ゆえに、美都多麻比売が本来の祭神であったところに、国学以降の時代、重要な中央神である玉屋命が「タマ」の音に乗じて上書きされたと見るほうが妥当というものだろう。
しかしそれでも、そこでわざわざ玉屋命を選んだ事情というものはあるはずだ。単に「タマ」からの連想なのであれば、美都多麻比売と同じ比売神で、かつ玉屋命以上に知名度が高く、しかも信濃国での人気も高い豊玉比売や玉依比売を持ってくるほうが自然だからである。

さて、この件にはまた後で触れることになるのだが、ここでは一旦置く。
次に見ていくのは、上社の古聖地として名高い「小袋石」周辺の祭祀システムである。

(つづく)
スポンサーサイト

天災と日本人

blogは滞っていたわけだが、なにしろ状況が状況である。
まずは被災者の方々に、心からのお見舞いを申し上げたい。

想像を絶する大自然のエネルギーには、ただただ唖然とするばかりである。
そして信仰研究を志す者としては、日本ならではのアニミスム的立場から、現在の状況、そして現代の日本というものをこう捉えている、という話をして、再開と新たな展開への口火としたい。

石原慎太郎の「天罰発言」が物議をかもし、結局は撤回と謝罪に至った。
個人的にこの人はとんでもない間抜け野郎だと思っているが、かといって馬鹿だとは思っていない。むしろ頭のいい人だろう(偏向は強いにしても)。今回の発言にしても、その内容は「あくまでも文化論として」なかなか鋭いことを言っていると思う。問題は、状況と自分の立場、被災者への配慮を欠いたことで、時と場合を選んでそういう発言をしろ、ということである。早い話が「超弩級のky」なのだ。
しかし、人間関係に臆病で、ネガティブ人間関係ワードを量産し続けている現代東京人たちがこの「ky大王」を支持するのだから、世の中よくわからない。普段、言いたいことも満足に言えない鬱屈を痛快に晴らしてくれる代理者としての人気なのだろうか。だとしたら、なんともいじましい話だが……。

当blogの読者であれば説明するまでもないとは思うのだが、公開文としての責任上、まずは「文化論としての」石原発言の真意(と思われるもの)についての、私なりの解釈を示しておきたい。

「津波は我欲を洗い流す天罰だ」。

我欲とはすなわち、現代日本の社会構造と、それを疑うことなく受け入れている個人個人の姿勢を指す。すなわち、経済最優先のシステムのことである。
たとえば、自動車(特に自家用車文化)という存在が、いかに社会にとって、また文化にとってのマイナス要因であるか、という話をしたとする(都会から田舎に帰り、まして古跡巡りなんぞをしていると、つくづく痛感する)。現代日本人の大多数は、この話に耳を貸さない。苦笑してソッポを向くだけである。
なぜなら、自動車産業/流通/ほかは、日本経済の根幹を担っているからだ。
それはそれでもっともなのだが、言い換えれば、現代日本社会における「経済」は、環境、文化、(ごく一部だが日々確実に失われていく)人命に優先する、という価値観が無意識に受け入れられているのである。

もうひとつ例を出そう。
震災後、円相場は乱高下した。ある意図をもって売ったり買ったりする個人が多数いるからこそ、起きる現象である。その「ある意図」とは、「儲けたい」か「損したくない」のいずれか、すなわち……我欲である(実際には企業やグループの責任を負っていたりという事情はあるのだろうが)。
さて、日本の危急に対し、各国が積極的支援をしてくれている。本当にありがたいことだ。しかし、ここで火事場泥棒のようなこと(極端にいえば武力で攻め入るとか)をする国があれば、国際社会の集中砲火を浴びることになるだろう。
国内では支援と寄付の動きが活発化しており、反対に義援金をくすねようとしたヤンキー娘のごとき小者が、必要以上の批判に曝される。
ここでよく考えてほしい。日本が危機的状況にあるとき、誰かが己の損益のために円を売り買いしているのである。その結果、日本はより苦境に陥る。だが……この行動を「道義に反する」と指摘する組織、人間、メディアはどこにもいない。
すなわち、経済は道義に優先されるのが当然なのである。
そのことに、誰も疑問は抱いていない。

断っておくが、今のところ、それが良いとか悪いとかいう話をしているのではない。
今の社会はそういう社会なのだ、というだけの話である。

こうした価値観に対する個々人の意識の拠り所となるのが、「個人の幸せを自分で守る権利」である。だが、そこでいう「幸せ」とは、住環境、食生活などを含む経済的な豊かさのことである。理想論めくが、人間的精神的な幸せは、どんな環境でも獲得し得るし、歴史上多くの人がそれを成し遂げてきたはずだ。すなわち、これは「我欲の肯定の上に成り立った経済システム」なのである。今回の買占め騒動を「当然のリスク管理だ!」などと開き直る態度が象徴的であろう。そこでいうリスクは命の危険などというレベルでは到底なく、「生活水準を下げるリスク」程度のことでしかない。
ま、放射能絡みの買占め問題はまた違った意味を持ってくるが、原発の後始末問題の根幹にあるのは同じ話である。経済的損失とその責任、首都に与えるダメージを考え、初期に廃炉をためらったところが最大の岐路だったのである。すなわち、リスクに経済が優先されたという「今の世ではあたりまえの話」であって、本当のところ、「この社会」を享受していた我々に東電を責める権利などないのだ(そりゃオレだって感情として怒りは感じてるけどね)。

ま、本来こんな話は、「市場原理」とか「自由経済」てな言葉を出せば事足りてしまうのだが、ともあれ、こうしたシステムは、実のところ限界を見せ始めている。バブル崩壊もそうだし、その後いっこうに景気が回復しないのももちろんそう、リーマン・ショックなど、直近のシグナルである。
日本の高度成長とバブルは、万事における効率化、マス・プロダクツ化と、国際的な経済格差(海外の安価な労働力とか)に支えられてきたことはいうまでもない。だが今は、アジア諸国が経済的に成長し、中国など自国内に搾取対象を確保してしまった(エゲツないことをすると思うが、我々にそれを責める権利があるとも思えない)。そして流通と商業のマス・プロダクツ化が極限まで押し進められた今、地方商店街の大方がゴーストタウンと化している。
震災などなくても、現行の経済システムは手づまりになりつつあるのである。
少なくとも日米を基幹とする経済システムは、莫大な投資をエネルギー源とする、経済成長を前提にした拡大経済だ。負け組を前提にして伸びていくのは自由経済の常識だが、もはや国外に負け組を求めることは難しく、ゴーストタウン商店街のごとく、国内にも明確に一定数を占めるごく一般的な「層」として負け組が定着し始めているのである。日本でも、スラムの出現まであと一歩、というところまで来ていることは間違いない。

ものすごく単純化してしまうと、この経済システムは、本質的にネズミ講となんら変わらない。分け前をもらえずに泣き寝入りする末端参加者がいなくなったら、もう後が続かないのだ。

病状は確実に悪化に向かっている。
おそらく、わかっている人はいくらでもいる。
拡大経済はやめにしよう!
もう無理だ!
でも、誰も言えない。
誰だって生活水準が下がるのがイヤだから。
また、自分の力で現実に変えられるとは思えないから。

そして、今回のような巨大なカタストロフは、この経済システムの限界を、ほころびを、リアルに突きつけてくる。
今までのやり方のままで復興は叶うのか?
いや! まだ十分なんとかなるだろう。
でも……もし、東京から大挙して人が逃げ出すような事態に至ったら……。
これはもう、絶対に無理だ。
そして、そんな事態が、決して蓋然性の低くない現実的な問題として突きつけられている。
見て見ぬをフリをしてきた、気付かぬフリをしてきた現実が、目の前に立ち現れてくる。

……というような意味で、私は石原発言を解釈している。
ま、そこまで考えが至っているかどうか知らないが、感覚的にはそういうことだろう。

ただ、石原発言の内容で非常に気に入らない点がひとつある。
(内容ではなく発言したという事実そのものは、もちろん最初から気に入らない)
「天罰」というタームである。
ま、日本の伝統の中でも決して新しい言葉ではないのだが、しかし日本古来の信仰感にはそぐわない。さすが、右だ右だいわれるだけあって、絶対的善悪の規律に縛られた一神教の価値観を取り入れた、あの国家神道のニュアンスを伴った表現といえるだろう。

日本の旧き神は、人に罰など与えない。
そんな小さなことに関わりはしないのだ。
(人と他の動物を差別する一神教的価値観では、それは「小さなこと」ではない)
彼らはただ、その巨大なエネルギーの発露を見せるのみ。
それが「たまたま」人にとって助けとなれば和魂、試練となるなら荒魂。
雷が人に落ちれば即死するが、雷が降らせる雨は、農業にとって重要な恵みである。
神とは豊穣なる自然エネルギーそのものなのであって、こざかしい人間の恣意性になど、いっさい関知しないのだ。
だから……畏れ、敬い、感謝するほかに、人間に出来ることはない。
ただ、和魂の発露を「願い」「祈る」ばかりである。
それが、「神=大自然」である旧き日本の神々の本質というものであろう。

面白い話がある。
ヤマト王権が東征にやっきになっていたころ、鳥海山は幾度も噴火を繰り返した。
これは東征軍にとっても脅威だったはずなのだが、この鳥海山の神、噴火を起こすたびに階位を授けられ、どんどん神階が上がっていくのである。
暴れれば暴れるほど偉くなるのだ。
当時の人にとって、自然に対する畏れが、イコール敬意であったということがよくわかるエピソードであろう。

まあ……こうした信仰と仏教とが習合した日本固有仏教においては、「罰を避け、恩恵に与るために日々の行動を改める」という思想もあり、それはそれでとても尊いことだが、「神の意志」とやらがあるにせよないにせよ、そんなものは、もとより一人の人間にどうにかできるようなものではないのだ。

さて。
科学を知る我々は、もう素朴なアニミスムの世界に帰ることはできない。
そのことを、我々は故郷を失った悲しみのように痛感すべきだ。
しかし、自然を敬い、共存していくことなら、もしかしたらまだできるかもしれない。
現行経済システムの範疇内でおこなわれる「エコロジー」など、論外の外。インフラをひとつずつ放棄していくくらいの覚悟がなければ、次の時代は見えてこないのではないか。
たとえば……本当に思いつきレベルのたとえばの話だが、ガスを放棄する代わりに、里山を育て、炭を作る。
自家用車を減らした分、駐車場を畑にしていく。
大量流通大量消費を整理し、いわゆる「地産地消」を当たり前のことに戻していく。

そこまでのことを考えなければならない時代が、すぐそこまで来ていると思う。

宅地造成も、もうやめよう。
国土中の宅地率が文明度の指標になるなど、本末転倒もはなはだしい。
考えてもみてほしい。
少子高齢化社会が進んでいるのである。核家族化への流れも、もうピークを超えただろう。
それなのにどうして、今なお、新たな宅地が造成され、次々に高層マンションが建つのだろうか?
地方の古い町では空き家が増え続けているというのに……。

ミシャグジ呼称のバリエーションのひとつに、「御佐久地神」がある。
これは開拓神であり、「佐久」は「開」、すなわち開拓を意味するのだそうだ。
skの言葉……境、坂、柵、作……この場合のskの意味するところはなんだろう?
そう考えていて、思い当たったことがある。

もともと、土地は人のものではない。それどころか自然そのものであり、であるならば、旧き観念においてそれは神の地である。電気もなく、武器も素朴なものしかなかった時代、そこは危険に満ち満ちた場所でもあった。里山の範疇は限られており、そこから先は神の住まいなのだ。素朴なアニミスム的世界観において、人が生活する場所を切り開くことは、神の土地を「裂き」、分けていただくことを意味する。それは、人の世界と神の世界との「境」を引き直すことでもある。それが「御佐久地神」のskなのではないか。そしてそれは、「尺神」にも通じるだろう。諏訪信仰において、諏訪神社の施政範囲を確認する「境締め」の神事で降ろされたのも、また、ミシャグジなのである。
そしてまた、新田の村に必ず鎮守の宮を作ってきたのも、いまだに「地鎮祭」をおこなうのも、こうした感覚の名残であろう。

だから我々は……敬意と、感謝と、畏れをもって、土地を開かねばならない。その土地が人にとって相応しいのか、慎重に見極めなければならない。急斜面を無理矢理造成したり、洪水野に街を開いたりすれば、荒魂が発露した際、きっと我々は耐えられない。
護岸工事、砂防工事、堤防……どこまでやっても、そのすべてに限界があるということを、我々は何万回、何十万回も学んできたはずだ。
そう、バベルの塔は、永遠に天には届かないのだ。
人間本位な一神教ですら、そんなことは知っていたのに……。

諏訪某所の古村は、数年前、土石流災害に見舞われた。多くの家が破壊され、幾人かの命が失われた。
事後、現地の人々が囁いていた。
「あのお宮より上に人が住んじゃいけないって、昔から言ってきたんだよ。そんなとこ造成して何軒も家が建っちゃったから……」
土石流は宮の上の沢から押し寄せ、社殿もろとも集落を呑み込んだ。

それを「天罰」というつもりは毛頭ない。
だが、「自然への敬意が足りなかった」という表現は、してもいいのではないかと思う。

自然から分けていただくことのできる土地に、ありがたく、つつましく暮らす。
別に「宗教」ということではなく、我々は、素朴な自然信仰の心を取り戻さなければならないのではないだろうか。
「じゃあ今すぐお前がやれ!」といわれてできない自分もまた、衆愚の一員である。
けれど、もし、そんなモデル村を作るなんてプロジェクトがあったら、志願してもいいかもしれない……なんてことは思う。
プロフィール

LooseFrog

Author:LooseFrog
基本的に怠惰で、社会人として問題の多い中年男です。
でも、興味の対象には嬉々として食いつきます。

loosefrog★gmail.com
(@に置き換え願います)

デタラメやカン違いや不適当な素材の使用等ありましたら、ご指摘ください。
もちろん、助言や感想も歓迎いたします。

***

字が小さいとの御指摘をちょくちょくいただきます。
P盲な私がいまさら細かいところいじるとワヤになりそうなので、ブラウザの拡大機能の使用を推奨いたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。